ブライダルチェックとレディース検診、その違いは?

「今までにも会社で行う健康診断や子宮がん検診などは受けたことがあるけれど、ブライダルチェックって一般的な婦人科検診とは何が違うの?」という疑問を持つ方も多いと思います。ブライダルチェックでなくても、血液検査や子宮がん・子宮頚がん検査は健康診断やレディース検診などで受ける機会はありますよね。

ブライダルチェックとは、一般的に結婚を控えている人もしくは近い将来に結婚の予定のある人、子供が欲しい人が結婚前に受ける健康診断のことです。妊娠や出産に影響を与える疾患の有無を、結婚前にあらかじめチェックすることを目的に行われています。
幸せな結婚生活のためにもぜひ受けたいもの

幸せな結婚生活のためにもぜひ受けたいもの

一般的な健康診断や婦人科検診ではあまり検査しないもので、ブライダルチェック特有の検査として、「おりもの検査」や「性感染症検査」「膣や子宮口の異常」「超音波による子宮・卵巣の検査」などが挙げられます。

気付かない内に性感染症に感染していた場合でも早期治療ができるので、安心して健康な体で新婚生活をスタートできます。また妊娠しにくい体質等もある程度分かります。妊娠の支障となる病気を早期に発見し治療していくことが大切になってくるので、将来のことを見据えてきちんと受診しておくようにしましょう。 


受けたい項目だけを受診するのもOK

ブライダルチェックでは、行う検査内容には特定の決まりはありません。と言うのも、最近は企業の健康診断で定期的に婦人科系の疾患を調べている人もいれば、市区町村の子宮がん検診や乳がん検診を受けている人も多く、人によって調べたい内容や知りたい情報が違ってくるからです。

そのため、クリニックによっては検査項目を自分で選択できるところも増えてきています。妊娠に関係のある検査でも「子宮がん検診は受けたばかりなので…」という場合は、かぶらない検査項目だけを選択することも可能なので、ご自分の受けたい検査項目と照らし合わせてクリニックを選ぶと良いと思います。

料金は病院や検査内容によってバラつきがありますが、数千円~5万円ほどかかります。だいたい3万円程度と考えておくとよいでしょう。受ける前に内容や料金を調べておくと安心です。また、ブライダルチェックは病気を対象とした方のための検査ではないので健康保険は適用されません。


気軽にトライできる自宅検査キット

医療機関で検査を受けるのがベストですが「仕事や結婚の準備が急がしくて時間がない」、「婦人科に行くことに抵抗がある」などの理由でお困りの方には、自宅で好きな時間に行える性病検査キットがお勧めです。インターネットなどで手に入り、検査項目の数も幅広く選ぶことができます。
仕事が忙しい彼でも受けられる自宅検査キット

仕事が忙しい彼でも受けられる自宅検査キット

手軽に行えるのが魅力のキットですが、結果によってはそのまま放置すると危険です。感染の可能性が有るという結果が出た場合は、速やかに医療機関にて医師の診断を受けるようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。