特別な日焼け止めより、パウダリーファンデを厚塗り
この方法で炎天下でも日焼けしません!

ファンデ厚塗りでUVブロック

ファンデ厚塗りでUVブロック

私のスキューバダイビング歴は20年以上。海に潜る前につける日焼け止めを色々試してきたけれど、辿り着いた結論は“パウダリーファンデ”を厚塗りすることでした。炎天下の海へ行ってダイビングをする場合は、リゾート&スポーツに対応できる資生堂のアネッサなどのパウダリーファンデを厚塗り。ダイビング以外なら、ふつうに夏に使っているパウダリーファンデで問題なし。特殊な日焼け止めを買わなくても、パウダリーファンデを厚塗りしていれば炎天下であってもマリンスポーツ時でも日焼けしません。

リキッドタイプやBBクリームと比較すると、多くのパウダリーファンデは化粧くずれに強く化粧膜もしっかりめ。特にUV機能をうたっていなくても意外に紫外線防止力は高く、何度も塗り直しできるのでホントに焼けないのです。

コスパ面&機能面でオススメの日焼け止めは?

これからの季節はパウダリーファンデをつける前に日焼け止めを重ねておけば、鬼に金棒。日焼け止めのおすすめは、コスパ面&機能面でロレアルパリのリバイタリフトUVブロック パープル。実際につけてみると、ほんのり肌色にパープルをブレンドしたようなナチュラルな色で、パウダリーファンデとの相性も抜群です。驚くほどふわふわと軽く、首筋やデコルテまで気持ちよく使える上、くすんだ肌色をキレイに見せてくれるので重宝しています。
ロレアルパリ リバイタリフト UVブロック パープル

ロレアルパリ リバイタリフト UVブロック パープル

 

ナチュラル&オーガニック派にオススメの日焼け止め

ナチュラル&オーガニック派には、ナチュラグラッセのBBタイプの肌色クリームをぜひ。薄づきでのびがよく気持ちよく使えて、肌の欠点もナチュラルに隠してくれます。
ナチュラグラッセ ピュアBBクリーム

ナチュラグラッセ ピュアBBクリーム


これらの日焼け止めをつけてから必ずパウダリーファンデを重ねて出掛けるようにすれば、日焼けの心配はなし。


ボディにも使える!ルースタイプのUVパウダー

パウダリーファンデはボディにはつけられないので、首やデコルテ、ボディは日焼け止めクリームをつけてから、ルースタイプのUVパウダーを重ねづけすると密着度が高くなり、汗で流れにくく日焼けしにくくなります。ルースタイプのUVパウダーは今後期待のアイテム。私自身はドクターシーラボのエンリッチリフトUVパウダー50を愛用しています。
ドクターシーラボ エンリッチリフトUVパウダー50

ドクターシーラボ エンリッチリフトUVパウダー50

ロレアルパリ リバイタリフト UVブロック パープル
30g 1995円
http://www.revitalift.jp/product/uv_block.html
ハリ・弾力が気になる世代にピッタリ、老化の原因UVAをブロックするロレアル独自のメギゾリルSXとUVフィルターの組み合わせで、しっかり肌を守る日焼け止め乳液兼メイクアップベース。ちょっとビックリするほどの軽やかなテクスチャーで「日焼け止め大好き!」に。

ナチュラグラッセ ピュアBBクリーム
SPF34 PA++
22ml 2940円
http://www.naturaglace.jp/products/makeup_cream/tabid/97/Default.aspx
これ一本で毛穴をカバーし、植物パウダーで皮脂を吸着。セミマットな肌に仕上げる植物性のBBクリーム。合成防腐剤、アルコール、シリコン、タール系色素、石油系界面活性剤、鉱物油などケミカルフリーで肌にマイルド。

ドクターシーラボ エンリッチリフトUVパウダー50
SPF50 PA+++
2625円
http://www.ci-labo.com/shopping/product/00011164/
パフでさっと塗るだけのパウダータイプの日焼け止めは、メイクの上から何回でも塗り直しが可能。驚くほど軽い付け心地でありながら、SPF50 PA+++と高い紫外線防止効果を発揮します。
美容のプロが教える 絶対焼かない!徹底UVケア15選 インデックス
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。