日光で火傷(やけど)⁉たかが日焼けと侮ることなかれ

肌は紫外線を浴びると日焼けをし、肌が赤くなったり黒く(褐色)なったりします。この状態を「日光皮膚炎」と医学的には呼び、いわゆる低温火傷をした状態です。春の紫外線はそこまで強くないので症状は出にくいですが、紫外線の強い夏場に多くみられます。日焼けはれっきとした火傷(やけど)なので、すぐに適切な処置を行いましょう。
バカンスでついつい焼き過ぎ…気づけば真っ赤に!

バカンスでついつい焼き過ぎ…気づけば真っ赤に!
 

ヒリヒリとした痛み・赤み・水ぶくれまで症状はさまざま

皮膚の表面が赤くなってヒリヒリする程度の軽い火傷から、皮膚の深い所にまで炎症が起こり、水ぶくれができて色素沈着した状態まで、症状には差があります。いずれも肌にとっては危険な状態。このような症状が現れないように、日焼け止めによる紫外線対策をしっかり行い、もしうっかり日焼けをしてしまったら、その後のケアがとても大切になります。
日焼け後の痛みや赤みは、肌が炎症を起こした状態

日焼け後の痛みや赤みは、肌が炎症を起こした状態

 

日焼けをしてしまった後のアフターケア

日焼けをしてしまったら、とにかくすぐに肌を冷やすことがとても大切です。冷やすことで火傷の炎症が進むのを抑えることができます。冷たい水で湿らせたタオルを当てる、氷で冷やす、また全身に日焼けをした時は水風呂に浸かるのも良いでしょう。その際、体の冷やし過ぎには注意が必要です。併せて、体内からも水を飲むなどして、たくさん水分を補給するようにしましょう。
強い日差しに日焼けをしてしまったらアフターケアが肝心

強い日差しに日焼けをしてしまったらアフターケアが肝心


水ぶくれは、つぶれて雑菌が入ると悪化して跡が残りやすくなります。炎症が強い時、発熱が続くなどの症状が出ている時も、皮膚科をすぐに受診しましょう。日焼けには、非ステロイド性消炎鎮痛薬や副腎皮質ステロイド薬を使って治療します。

日焼けした肌は数日して落ち着くと皮が剥けて新しい肌を再生しますが、皮を無理にむかないようにしましょう。無理やり皮を剥ぐと未完成な肌が顔を出し、少しの刺激でも痛みが出て治りも遅くなってしまいます。また、そのまま炎症を起こし、シミとして残り続ける場合もあります。

完全に元の状態に戻るには数週間かかるので、炎症が治まった後もデリケートな状態だと頭に置いて化粧水や乳液などで水分と油分を補うことが必要です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。