昨年は私にとって妊娠出産など生活が大きく変わるような出来事がありました。それによって今まで大好きだった美容がなかなか出来なくなってしまったり。でも、だからこそ正しい美容知識のもと、短時間で効率的なスキンケアを再度心がけるようなりました。2015年はその経験も踏まえ、皆さんに正しい美容情報をお伝え出来ればと思いますのでよろしくお願いします。


赤ら顔の原因は毛細血管にあり

赤ら顔の原因は毛細血管です。皮膚の二層目にあたる真皮には毛細血管が密集しています。トラブルのない肌の場合、毛細血管は皮膚の表面からは見えません。ただし、もともと肌が薄いなどの遺伝や、間違ったスキンケアによって皮膚が薄くなってしまうと、透けて赤く見えてしまうのです。

暖かい季節には気にならない赤ら顔。どうして、冬になるとトラブルが増えてしまうのでしょうか? 冬になると湿度が低下して皮膚が乾燥します。その事で皮膚が薄く毛細血管が浮きやすくなるのが赤ら顔の主な原因です。さらにそこから炎症を起こす事も赤ら顔の原因になります。
冬に気になる赤ら顔、その原因は?

冬に気になる赤ら顔、その原因は?


また、外気の気温が下がり室内との温度差が激しくなることで、毛細血管が拡張しやすくなるのも赤ら顔を助長してしまいます。というのも、毛細血管は外気温に合わせ血管を拡張・伸縮させることで温度を一定に保っています。寒暖に差があると毛細血管の拡張と伸縮が多く起こり、その結果拡張したままになってしまうからです。


軽傷の場合は、スキンケアで改善可能

まずは乾燥を防ぐ事です。いつものスキンケアにプラスαで保湿アイテムをプラスしてください。また化粧品ではなかなか難しいですが、炎症を伴う赤ら顔であれば炎症を抑えるビタミンC誘導体が配合されている化粧品を選ぶのもポイントです。

食生活では、アルコールやカフェイン、たばこなどの嗜好品や香辛料などの刺激物質も赤ら顔の原因になるので、控えるようにしましょう。

冬だけでなく、一年中赤ら顔が気になる時は毛細血管を除去するレーザー(Qスイッチルビーレーザーなど)を照射する必要があります。一度クリニックにカウンセリングに訪れてみてくださいね。


遺伝ではないのに肌が薄くなってしまうNGケア

年齢を重ねるにつれて赤ら顔が悪化している場合は、遺伝ではなく日々のスキンケアで肌を薄くしていることが原因かもしれません。乾燥と洗顔のゴシゴシ洗いによる摩擦が皮膚を薄くしてしまいます。しっかりと保湿をして、洗顔やマッサージなども皮膚を摩擦しないように心がけてください。また、ピーリングなどの角質ケアも過度にしてしまうと皮膚が薄くなってしまうので気をつけましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。