ティートゥリー

(Melaleuca alternifolia)
フトモモ科の木本
葉を水蒸気蒸留して採油

ティートゥリーと呼ばれる植物にはいろいろと種類がありますが、もっとも治療特性が高いのがこの種類。オーストラリア原産として知られます。

ティートゥリーのアロマ効果

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/1/0/teatree1.jpg
香りはスッキリ薬草系。でも嫌味がありません。
ティートゥリーについての科学的データは20世紀にオーストラリア政府の化学者によって行われたといいます。それはティートゥリーの葉が、消毒剤の13倍も防腐効果などに優れるといったもの。そのためアロマテラピーでもティートゥリーは薬箱に欠かせないオイルとして大変広く活用されます。抗菌・消毒作用によって、風邪をはじめ感染症の予防、症状の軽減などに用いられます。そのほか抗ウィルス作用や抗真菌作用も期待出来るといわれます。インフルエンザや、水虫にオススメです。免疫力を向上させるため身体を強くしてくれます。スキンケアにはにきびに有効です。


◆ガイドからひとこと提案
ルームコロンを作ってリビングルームなどに置いておきましょう。いつでもお部屋を目には見えない雑菌から守ってくれます!


参考文献
『ティートゥリー油』ジュリア・ローレス著川口健夫、川口香世子訳(フレグランスジャーナル社)
『ヘルスケアのためのティートゥリー油』スーザン・ドルリー著高山林太郎(フレグランスジャーナル社)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。