もっとアロマディフューザーを活用する香りブレンド術

一回ブレンドするとクセになるかも!?

一回ブレンドするとクセになるかも!?

アロマディフューザーを使っている人と話すと、まだまだラベンダーだけ、オレンジだけ、といった「1種オイル使い」の人が多いようです。ですが、複数をブレンドしか香りのほうが上質です。

たとえばひとつの香水には平均して50~200種類もの香料が含まれています。このことからも「良い香りはブレンド」といえそうです。エッセンシャルオイル(アロマオイル/精油)1つにつき、その成分(有機化合物)は何十から何百種類含まれます。なので1種類でも良いのですが、複数のエッセンシャルオイルをブレンドすれば、相当な数の香り成分ができあがるわけです。

というわけで、もっと良い香りになるための「複数アロマ」を実践してみましょう!今回は自宅の中でも4つのお部屋、「リビング、寝室、勉強部屋、キッチン」にオススメのアロマオイルブレンド、さらにはその場にあった香らせ方のコツをお教えします。

赤ちゃんがいる場合の注意

当然ですがエッセンシャルオイルを誤って舐めたりしないように気を付けてください

当然ですがエッセンシャルオイルを誤って舐めたりしないように気を付けてください

ときどきご質問を受けるのが、「乳児がいても香りを広げても大丈夫ですか?」といったもの。

発達や体質、また環境(部屋の広さや換気状況)にもよりますが、無臭空間というのは基本ありませんので、神経質になることはないと思います。

しかし、例えば4~5畳やトイレなどの狭い空間で、たくさんの分量のアロマをまるで浴びるように嗅ぐのは、心身に影響をもたらす可能性は高そうです。加えて、赤ちゃんは嗅覚が敏感です。大人でも、濃い香りにさらされると、いわゆる「香りに酔う」こともあります。

「気分が悪い」「くさい」とはっきり言えない乳幼児がいる場合は、分量を少な目にしたとしても、必ず定期的に換気するよう心掛けてください。

>>ディフューザーを活用する部屋別アロマブレンド~リビング・勉強部屋・書斎~P2