心と身体からのSOSを見逃さないで

new

新緑が美しい景色。(北海道)

木々の緑もひときわ色濃くなってまいりました。行く春が惜しまれる季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。

連休明けからも仕事は好調♪ プライベートな時間も充実しているという方は素晴らしい。一方で、疲れがとれにくいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

この時期、セラピーにお越しの方の中には、「4月から、新しい部署。環境に適応するために頑張り、張り切ってなんとかGWまでの仕事はこなしていた。ところが、 連休が終わって、会社に行くと、仕事が山積みなのにも関わらず、集中ができず、いつものように仕事が終わらなくて自分を責めてしまう。胃が痛むこともあるし、食欲がなくなってしまった」というようなマイナスのスパイラルに陥っている方もいらっしゃいます。

これはいわゆる「五月病」で、一過性の心身の不調なのですが、完璧主義な方やこだわりが強い方、弱音等を人に話すのに抵抗がある方に多くみられます。

自分は元気だけれど、周囲に五月病かも、と考えられる人がいるときには、五月病を予防し、改善する効果の高いアロマテラピーをご紹介して頂きたいなと思います。

essencial1

普段は好きな香りであっても、その日の気分や体調により、感じ方が変わることもあります(特に女性は月経周期により変化します。また妊娠中はとても香りに敏感になります) そこで、お好みのエッセンシャルオイルを香りのタイプ別に数種類はキープしておくことをおすすめします。

もちろん、元気でバリバリ日々を過ごしていらっしゃる方にも、今のベストコンディションを維持し向上させるために、自己メンテナンスは欠かせません。アロマを積極的に使い、ONとOFFの切り替えの達人を目指したいものです。

今回は、どんなタイプの方にも役立つ「呼吸法」をご紹介していきます。呼吸法の実践に入る前に、手元に今、惹かれる香りの精油を1~2本ご用意くださいね。

ちなみに、呼吸を深め、落ち着きたい時におすすめの香りがフランキンセンス、パイン(松)です。これらのエッセンシャルオイルは、自分の中心軸を感じさせてくれるので、瞑想にも適しています。