アロマを使ったルームスプレーの作り方を紹介!

アロマスプレーの作り方を紹介!

アロマスプレーの作り方を紹介!

アロマオイルを使ったルームスプレーの作り方を紹介します。アロマオイルを目的に合わせて配合することで、消臭、リラックス、集中力UP、抗菌などの効果が、いろいろ。手軽に作る方法とお役立ち香りのレシピをご紹介します。
   

アロマを使ったルームスプレーの目的

ナチュラルアロマで一気に空気が変わります!

ナチュラルアロマで一気に空気が変わります!

アロマルームスプレーとは、精油とアルコールなどを混ぜて作ります。長時間香らせておくというより、ここぞというときに意図的に香らせることができるもの。こんな風に使います。

■お部屋の芳香として
良い香りをプラスすることはもちろん、消臭にも使えます。

■お掃除用に
アルコールも配合されているため、窓拭きなどのお掃除にも使えます。天然香料を使うため、地球にも優しくエコです。

■清潔空間作りに
精油の種類によっては消毒、抗菌になり、風邪やインフルエンザ予防にも貢献できます。
 

アロマルームスプレーの材料と作り方

計量するための器具

計量するための器具

ベースとなる液体は1つ。そこに目的に応じたアロマを選んで配合します。まずはベースの作り方です。

■アロマルームスプレーの材料
  • 無水エタノール5ml
  • 精製水または軟水ミネラルウォーター45ml
  • 精油10~20滴

■アロマルームスプレーの作り方
1. 無水エタノールを計量し、ガラス製の容器に入れます
2. そこに精油を入れます
3. さらに水を入れてよくかき混ぜます
4. スプレー容器に移し替えます。この時点で無水エタノールも精油も薄まっているので、スプレー容器はガラス製でなくても大丈夫です
 

アロマルームスプレーをシーンや目的別に使う!

アロマを変えることで色々な目的に使うことができるアロマルームスプレーに!

アロマを変えることで色々な目的に使うことができるアロマルームスプレーに!

 
 
  • 仕事部屋や勉強部屋の芳香に
集中力を高めるローズマリーがおすすめ!すーっとした香りが、頭がスッキリとして気力も高めてくれます。眠気がさしたらシュシュっとスプレー!
 
  • 寝室などでリラックスするときの芳香
ラベンダーがおすすめ。バランスのとれたフローラル系の香りが神経を落ち着かせて安眠へと導きます。<ゼラニウム、スィートマジョラム、ベチバーもオススメです。眠る前にスプレーします。
 
  • 風邪の予防
ユーカリ、ペパーミント、ティートゥリーがおすすめ。おうちをクリーンな環境にしてくれます。
 
  • 消臭したいとき
デオドラントに優れるローズウッドやラベンダーがおすすめ。タバコ、ペットの匂いを緩和します。お客様が見える前にスプレーしてみましょう。
 
  • キッチンのシンクや窓拭きのお掃除
手垢や油汚れに効果的なオレンジスィートがおすすめ。ステンレスシンクや窓、鏡に直接吹き付け、乾いたダスターで拭きます。化学薬品が入っていないので、赤ちゃんなどがいるおうちでは特に安心して使えます。
 

アロマルームスプレーの使い方の注意点

アロマのある暮らし、提案します!

アロマのある暮らし、提案します!

■使い方
作成したアロマルームスプレーは、香らせたいときに、空気中に散布すればOK。網戸、エアコンフィルターに吹き付けることもできます。掃除の場合はガラス窓、鏡、ステンレス製シンクに吹き付けて、乾いたダスターで拭きます。

天然の香りはあまり持続性がありません。香りがなくなったかな?と思ったら、スプレーして構いません(あくまで目安ですが1時間に2~3回ほど)。

スプレーするときには目に入ったりしないように気をつけましょう。もし肌に少しついても特に問題はありませんが、意図的にはつけないでください。

■使用期限について
アロマスルームプレーにはアルコールは入っていますが、特別な保存料などは入っていません。あまり長く置いておくと、水が変質しないとも限りません。できるだけ涼しいところに置き、数週間で使い切りましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。