紫外線を浴びた夏バテ肌にラベンダー

夏の疲れた肌をラベンダーが癒してくれます!

夏の疲れた肌をラベンダーが癒してくれます!

残暑厳しい中、朝晩はだんだんと秋めいた季節となりました。この季節になると、冬に美肌をキープするためにも心がけたいのが肌の夏バテ対策です。夏の間、紫外線をたっぷり浴びた肌の疲れをこの季節にしっかりと癒して、乾燥してしまう秋冬の美肌対策に役立てましょう。

そんな夏バテ肌に役立つのがラベンダー。そして、美肌キープに欠かせない基礎化粧品はやっぱりローションです。美肌キープには、まずは水分補給して保湿することがはとても大切! そこで今回は、ドライラベンダーを使って、肌の修復や保湿に役立つ有効性成分セラミドを入れた、本格的ラベンダーの手作り化粧水を紹介します。


ラベンダーが日焼けや火傷に役立つ理由

昔から薬用として重宝されていた植物ラベンダー

昔から薬用として重宝されていた植物ラベンダー

そもそも「アロマテラピー」という言葉は、1930年代頃、フランス人のルネ・モーリス・ガットフォセという博士が、自ら研究中だったラベンダーの抽出液によって、自分の火傷がとてもきれいに治癒したことから研究を重ね、これを地元フランスの新聞に公表したことがきっかけで生まれます。

この博士は、化粧品会社のオーナーであり化粧品の開発としてラベンダーを研究していたそうです。研究中に負った火傷は、重度であったそうで、このエピソードから、ラベンダーが日焼けなど、「やけど」に近い皮膚のトラブルやダメージケアに役立つ植物として知られていたことがわかると思います。

アロマオイル(=精油)の効果効能においては、細胞成長促進作用を持ち、皮膚を再生する作用に優れています。昔から「薬草」として名高いハーブなので、「美容」というよりは「薬用」としての皮膚トラブルの役割に効果を感じています。

消炎、鎮静効果もあり、日焼けのみならず、赤く炎症を起こした皮膚を優しく鎮静してくれる効果にも優れているといわれています。よって、紫外線を浴びた後、さまざまなダメージを受けた肌を修復するのに、ラベンダーはとても役立つ植物だと言えるでしょう。

※禁忌事項:通経作用(月経を促す効果)があるため妊娠初期の方は使用を控えるほうがいいでしょう。血圧降下作用があるため、低血圧の方も注意が必要です。


化粧水のベースになるラベンダーのハーブティーの煮出し方

ドライハーブを使った化粧水作りの基本は「ハーブティー」。今回はドライラベンダーを使っていますが、下記の作り方の要領を参考にして、ローズやカモミール、カレンデュラなどをブレンドするのもおすすめです。

■化粧水用ドライハーブティーの作り方
ラベンダーを煮出したハーブティー

ラベンダーを煮出したハーブティー

<材料>
・ドライラベンダー または お好みのドライハーブ 12~13g
・精製水 または ミネラルウォーター
<道具>
・鍋
・スケール(計量器)
・ざるや網、コーヒーフィルター、茶濾しなど、ハーブティーを濾すもの
・ハーブティーの保存容器
・キッチンペーパー


 
<作り方>
精製水またはミネラルウォーターが沸騰したらドライラベンダー(お好みのドライハーブ)を入れる。

精製水またはミネラルウォーターが沸騰したらドライラベンダー(お好みのドライハーブ)を入れる。

(1) 500mlのペットボトルのミネラルウォーターまたは、精製水500mlを鍋に入れて沸騰させる。


 
沸騰してドライラベンダー(お好みのドライハーブ)を入れたらすぐに蓋をする。蓋をしない蒸気と一緒に有効成分が逃げてしまうので注意!

沸騰してドライラベンダー(お好みのドライハーブ)を入れたらすぐに蓋をする。蓋をしない蒸気と一緒に有効成分が逃げてしまうので注意!

(2) 沸騰したらドライラベンダー(お好みのドライハーブ)を入れて火を消して、蓋をして約20分蒸らす。


 
茶こしなどでキレイに濾して、常温で冷ませば出来上がり!冷ます時も蓋をしましょう。

茶こしなどでキレイに濾して、常温で冷ませば出来上がり!冷ます時も蓋をしましょう。

(3) 蒸らしたら、茶こしなどで濾して常温で冷ませば出来上がり!


 
注意点: ドライハーブが水分を含む為、個人差がありますが出来上がりのハーブティーの出来上がり総量は約300ml~400mlに減ります。 冷蔵庫で約2週間保存OK。

>次のページでは「保湿化粧水の作り方」を紹介します