花粉症の症状はアロマの香りと薬理効果がサポート!

花粉症のつらい症状にはアロマが役立ちます

花粉症のつらい症状にはアロマが役立ちます

花粉症の季節が到来しました! 花粉症は発症すると、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど様々なつらい症状に悩まされます。

投薬や注射、レーザー手術など様々な治療法がありますが、治療期間が長く続く場合や、薬を飲み続けることを懸念して、出来る限り自然なもので、体の自然治癒力を活かして症状を和らげたいと考えている方は多いと思います。

アロマテラピーは花粉症の症状を和らげるのにとても役立ちます。精油は香りで気分をコントロールするサポートをしてくれますし、精油の薬理効果には花粉症のつらい症状をサポートする力が期待できるからです。

そこで今回は花粉症の季節を快適に乗り切るために知っておくと便利な、即実践できる4本の精油とラベンダーウォーターついて説明します。ガイドが今まで紹介した手作りアロマグッズの中で、花粉症の症状を和らげるのに役立つものもありますので、それも併せて紹介します。紹介する情報から、各々に合った対症方法が見つかれば幸いです。


花粉症! つらい目のかゆみにはラベンダーウォーター

ラベンダーウォーターをコットン浸して目の周りのかゆみを助けてくれます

目の周りのかゆみの鎮静に、コットンに浸したラベンダーウォーターを

先ずは目のかゆみから。 花粉症のつらい症状の1つに目のかゆみがあります。目がかゆくなると、充血がひどくなり目の周りの皮膚もがさがさになり、人相が変わってしまうような方もいらっしゃいます。

こんな時に役立つのがラベンダーウォーターです。ラベンダーの精油を水蒸気蒸留して抽出するときに出来る副産物で、ラベンダーの水溶性成分が凝縮されている療法的なウォーターです。

精油は植物の脂溶性の成分が凝縮されているので、目の周りなど皮膚が薄くてデリケートな場所には刺激になることがありますが、ラベンダーウォーターは水溶性の成分であり、肌に優しく鎮静効果を含む成分が多くふくまれているという特徴があるので、精油ほど怖がらずに試してもらうことが出来ます。

療法的効果が高く、特に皮膚トラブルに役立ちます。かゆみや赤みを帯びた湿疹、かぶれ、日焼けの火照り、おむつかぶれ、汗疹、ちょっとした傷の消毒などにも使うことができる万能なウォーターです。

ガイドはこれを、目がかゆくてたまらない時に、コットンに浸して目の上に湿布をすることをおすすめしています。冷蔵庫で冷やしたものを使えば、かゆくて赤くなった肌をより鎮静してくれるのに役立つでしょう。

蒸留釜から精油と芳香蒸留水が抽出されているところ。透明に浮いている上層部分が精油。下層部分が芳香蒸留水です

蒸留釜から精油と芳香蒸留水が抽出されているところ。透明に浮いている上層部分が精油。下層部分が芳香蒸留水です

ラベンダーウォーターが、皮膚の赤みやかゆみ、掻き崩して傷になって皮膚を優しくケアする効果が期待できます。水溶性なので精油のローテーションを心配する必要もありません。かゆくてつらい時は、好きなだけ使えるのも安心です。

※花粉症のケアに役立つラベンダーウォーターは、化粧水用として保湿剤やアルコール類が含まれていない100%ピュアな芳香蒸留水をおすすめします。購入する時に、ショップの店員さんに必ず商品の確認をして下さい


 
>次のページは花粉症に役立つ4本のアロマオイルについての紹介です