まずはあせもに関するプチ知識

汗の季節。夏は皮膚科がいつも以上に混雑だとか…

汗の季節。夏は皮膚科がいつも以上に混雑だとか…

になると悩ましいのが汗。メイクがくずれるとか、見た目だけでなく、汗にはいろいろな老廃物も含まれるので、それが刺激になって肌トラブルが起きることがありますね。赤ちゃんや子どもだけでなく、おとなにも「あせも(汗疹)」ができることがあります。


あせもは大量に汗をかいたとき、その汗が皮膚の下に溜まってしまい、水ぶくれや炎症を起こしたものです。いくつか種類があって見た目、白いものと、赤くなるものがあります。

場合によっては、かゆみもひどく、掻き出すと止まらなくなることもあり、悪化すると痛みや感染などを引き起こし、悪循環に陥ることも。

そこで、今回はアロマを使ったあせも予防、ごく軽いあせもケアをお教えします。汗自体が刺激になっていて、見た目にはひどくないけど、ぴりぴりしたり、ちくちく感じる程度にも使えるますよ。

※誤った素人判断で、普段以上に繊細になっている肌に適当なケアをするのはリスキーです。もともとお肌が弱い方や子どもなどは、医師に相談してください。


日ごろから注意したいポイント

汗をきれいに流すことが基本です

汗をきれいに流すことが基本です

・汗をよくふきとる。そのときは清潔で肌にあうタオルなどを使いましょう。

・乾かす

・あせもがある部分に当たる繊維の種類に気を配る

・できるだけ掻かないように我慢する!(難しいけど!)


これらケアのサポートとなるアロマを今回は簡単ボディパウダーで実現させてみましょう。さらっとして気持ちがいいですよ。(次のページへ)