ドラッグストアをチェックしていたら、沢山ありますね~制汗剤が。気温が上昇する頃、店頭の目立つところに並び始めます。汗のニオイ、とりわけ、ワキのニオイは、悩んでいる人も多いはず。市販品も活用しつつ、ナチュラルなアロマテラピーも併用してみてはいかが?

アロマテラピーを併用する利点

夏までに準備しましょう

夏までに準備しましょう

まずは気分がいいです!エッセンシャルオイル(アロマオイル/精油)は種類を選べば本当に良い香りだし、他人に対しても好印象。ニオイで迷惑もかけません。

 

ニオイの原因とタイプについて

仕事中は涼しい恰好もできないスーツ姿のビジネスマン

仕事中は涼しい恰好もできないし…

さて、ワキの嫌な匂いはもちろん汗が原因です。人には2つの汗腺があります。
  • エクリン腺:体温を調整する全身にある汗腺
  • アポクリン腺:ワキをはじめ特定の部分にある汗腺。体温調整とは関係ないと言われる

アポクリン汗腺は、ホルモン(内分泌系)と関係が深く、思春期(性成熟が進む頃)に発達する、「体臭の汗腺」です。エクリン腺に比較してやや匂いのある汗を出します。ワキにはアポクリン汗腺が多いため、臭くなりやすく、さらにワキは風通しの悪い部位ですし、衣類も密着します。

ワキが匂うと言っても、特に気にならない程度から、かなり気になる程度まで個人差がありますね。いわゆるワキガ臭は、汗を放置してれば誰でも可能性があるということはなく、体質(遺伝的要素)が大きく関係しています。

ワキガは体質的にアポクリン汗腺が多い人がなりやすいよう。なぜならアポクリン腺から分泌される汗に含まれる色々な成分が原因でにおうからです。細かい原因は諸説あったり、個人差もあるようですが、いずれにしてもアロマテラピーでそれを即座に変えることはできないので、強く気になる場合は病院へご相談ください。


アロマテラピーでワキのニオイをケアするには?

抗菌とデオドラントアロマが活躍します

抗菌とデオドラントアロマが活躍します

ワキガと診断されるレベルも、ちょっとワキのニオイが気になるなという程度もアロマテラピーで不快な状態を軽減するお手伝いができます!

肌を清潔に保つことでにおいを軽減すること、そしてメンタルへの効用です。



>具体的なアロマ活用術は次のページで。