アロマテラピー/アロマテラピー活用術・楽しみ方

即実践! 花粉症に役立つアロマケア(4ページ目)

精油には花粉症の症状に役立つものがあります。アレルギーの根本的な原因をアロマで解決するのは難しいですが、つらい花粉症の症状を和らげるサポートをしてくれます。鼻づまりで頭がぼーっとしたり、寝苦しいときに役立つ精油とケアの方法を紹介します。

橋本 裕子

執筆者:橋本 裕子

アロマテラピーガイド

目の周りのかゆみに! ラベンダーウォーターの使い方とコットン湿布

<方法>
コットンにラベンダーウォーターを含ませて瞼の上を湿布します。かゆい部分をコットンで優しくトントンするのもおすすめです

コットンにラベンダーウォーターを含ませて瞼の上を湿布します。かゆい部分をコットンで優しくトントンするのもおすすめです

目がかゆい時、コットンにラベンダーウォーターをたっぷり含ませて瞼の上で湿布します。5分くらいを目安にすると良いでしょう。あまり長くすると、皮膚の水分が逆に奪われてしまいます。

湿布をしたら、目の周りに塗れる保湿クリームや精油の濃度が1%濃度以下の目の周り用のアロマバームなどで保護すると良い助けになります。精油が気になる方は、精油を入れないみつろうと植物油だけのアロマバームがおすすめです。※この場合の植物油はホホバ油をおすすめします

鼻の周りや皮膚が赤くなっている場所は、コットンや手にラベンダーウォーターを取ってやさしく塗布します。ラベンダーウォーターには保湿効果はあまりないので、炎症を抑える効果を期待する意味で洗顔後すぐに使いましょう。

皮膚が擦り切れていたり赤みを帯びている場所には、ラベンダーウォーターを使った後、アロマバームでその場所を保護すると良いケアになります。

<関連記事>
花粉症の目のかゆみに!アロマ冷湿布

おわりに

花粉症に役立つアロマケアは、療法的効果を期待するケアの為「精油のローテーション」の記事を読んで頂くことをおすすめします。花粉症は毎年訪れるアレルギー症状であり、シーズンごとではありますが、長期間を通じたアロマケアが必要になるため、安全に精油を活用して頂く参考として頂きたいためです。

手作りアロマコスメは、料理と同じく自己責任で楽しむものです。安全にアロマコスメ作りを楽しんでいただくために、「アロマコスメの作り方・注意事項」の記事を最初に読んでいただくことをおすすめします。

手作りアロマコスメの材料はナチュラルな素材であり、基本的に肌に優しいコスメに仕上がりますが、全ての方の肌に合うとは限りません。アレルギーのある方、敏感肌の方、トラブルが心配な方は、必ずパッチテストをしてから使用していただくことをお願いします。

精油の効果効能に関しては、アロマテラピーを学ぶ上で必要な、学術上の知識を参考に、手作りのアロマ入浴剤に適していると思われる点を踏まえ紹介しています。それぞれの効果効能は治療を目的としたものではありません。精油の知識に関してご不明な点は、必ず身近で確認できるアロマセラピストや、ショップの店員、専門家に確認し安全にアロマコスメ作りを楽しんでください。

※パッチテストとは、腕の内側などにテストしたい材料を少し塗布して、赤くかぶれるなどの反応が出るかを確かめるテストです。精油1滴を、ティースプーン1杯くらいのお水で薄めて皮膚に塗布します。他の材料は、そのまま直接塗布してください。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でアロマテラピー用品を見るAmazon でアロマテラピーグッズを見る
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    (ミーコ)明日きれいになれる!ビューティ特集&コラム

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます