憂鬱なフライト時間をビューティータイムに!

image

機内持ち込み美容アイテムはこれでOK!

機内の乾燥や気圧の差で、飛行機を降りる頃には肌がカピカピ、髪の毛バサバサ、脚はパンパン。そんな経験はありませんか?旅行は楽しみでも機内の時間は憂鬱という方も多いのではないでしょうか。

だからと言って狭い機内でいつも通りのケアをするのも難しいもの。

ここでは何かと不便なことも多いフライト時間をビューティータイムに変える、飛行機内持ち込みするべき美容アイテムを元CAが厳選してご紹介します。

 

 

たった4アイテムでばっちり!厳選スキンケアアイテム

まず気になるのがお肌の乾燥。しっかりスキンケアしてあげたいけど、機内のお化粧室のシンクは狭くて洗顔しにくいし、自宅のようにシートマスクをするのも周囲の目が気になります。

そんなお悩みもこの4つのアイテムで解決!

image

アイテム選びを工夫して機内でも楽々スキンケア

1・クレンジング化粧水&コットン

これさえあればお化粧室までいかなくても座席に座ったままメイク落としができます。ポイントはただのクレンジングコットンではなく、保湿機能のあるクレンジング化粧水を選ぶこと。W洗顔の必要もなく、拭き取れば化粧水まで完了した状態にしてくれるのでラクチンです。

100ml以下のローション用容器に詰め替えるのがオススメです。

 


2・パック効果のあるジェル、濃厚クリーム、アイクリームなど
シートマスク代わりに保湿力の高いアイテムでお肌に蓋をしましょう。夜用のパック効果のあるジェルや濃厚なクリームをたっぷりつけるのがおすすめ。乾燥肌のCAの中にはより保湿力の高いアイクリームを全顔に使うという人もいます。

蓋つきのクリーム用容器や、ソフトコンタクト用ケースなどに移し替えるのがおすすめです。

3・リップクリーム
忘れてはならないのが唇の保湿。飛行機を降りたら口角がパックリ裂けたなんてことにならないように、機内ではいつもよりもたっぷり保湿してあげましょう。

4・ホホバオイル
顔だけでなく、髪や爪の乾燥にも注意。全身に使えるオイルを持ち込めばパサついた髪へのヘアオイルとして、ささくれができやすい爪のネイルオイルとして役立ちます。クレンジング化粧水の後、保湿クリームを付ける前に薄く顔に伸ばしてマッサージしてあげるのも効果的。ホホバオイルは酸化しにくく、全身に使えるのでおすすめです。

100ml以下のポンプ式の容器に詰め替えるのがおすすめです。

これらたったの4アイテムで機内の乾燥対策はばっちり!

国際線では液体物持ち込み制限がありますので、100ml以内の容器に詰め替え、ジップロックのような密閉袋に収納することを忘れずに!

次は機内時間を快適にする、あると便利なお役立ちアイテムをご紹介します。