乾燥のプロ!CAの機内での乾燥対策とは

image

乾燥に負けない!3つの保湿でうるうる肌に

「飛行機に乗って肌がカピカピになってしまった」 。誰もが一度は経験があるのではないでしょうか。それもそのはず、機内は湿度20%以下という究極の乾燥状態にあります。

そんな機内で一日中働きながらいつも潤い美肌をキープしているCA(キャビンアテンダント)はいわば「乾燥のプロ」です。機内でのケアから普段のケアまで乾燥対策には余念がありません。

これからさらに乾燥が激しくなる季節ですよね。年末年始の旅行で飛行機に乗るという方も多いのではないでしょうか。肌にとってはかなり負担の大きい時期です。
カピカピ肌になってしまう前に、CAの知恵と経験を活かした乾燥対策で潤い美肌を作っていきましょう。

ポイントは「3つの保湿」です。3方向から徹底的にアプローチし、肌を潤わせていきます。これでもう冬の乾燥も怖くない!

1. 常温の水で内側からたっぷり水分補給

image

内側からたっぷり水分補給

まずは内側からのアプローチ。最も大切なのがこの内側からの水分補給です。身体の内部は目に見えないので意外と忘れてしまいがちですが、体内水分が不足していれば必然的に肌も乾燥してしまいます。

機内の湿度は20%以下と、通常の3分の1程度しかありません。そのような極度の乾燥状態では呼吸するたびに水分が奪われていきます。そのためいつも以上に意識的に水分を補給することが大切です。10時間程度のフライトで1~1.5リットルは飲むイメージでいてください。実際にCAは機内のキッチンにマイカップを常備してキッチンに入るたび水分補給しています。

しかしただ水分補給をすればよいというわけではありません。効果的に体内を潤わせる水分補給のポイントを2つご紹介します。

・一度にたくさん飲まずに少しずつ飲むこと
一度にたくさん飲んでも吸収できる量には限りがあります。逆に身体の負担になってしまうことも。ちびちび一口ずつ飲むのがオススメです。

・常温の水を飲むこと
お茶やコーヒーなどカフェインが含まれるものは逆に体内の水分を奪ってしまいます。また、冷たい飲み物は身体を冷やし血液循環を悪くしてしまいます。血液循環が悪いとせっかく補給した水分もお肌に巡ってきません。常温の水かぬるま湯などがベストです。

これで内側からの保湿は完璧です。次は残る2つの保湿をご紹介します。