高カロリーのフランス料理を食べても、どうしてパリジェンヌは太らないか?

画像

 

スタイル抜群のパリジェンヌたち。パリの街で、太った女性を見かけることはほとんどありません。バターたっぷりのクロワッサン、ワインやチーズ、フライドポテトを添えた肉料理など、カロリーの高い食事をとっているにもかかわらず、どうして彼女たちは太らないのでしょう?

実は、食生活と生活習慣にそのワケがあるのです。


パリジェンヌが太らない理由・食生活の4つのポイント!

1. 三食きっちり食べる
食べることををとても大切にするフランス人は、絶対に食事を抜きません。
朝・昼・晩ときっちり食事を摂り、最後にフルーツやデザートを食べます。
そうすることで、空腹になることがなく、間食につい甘いお菓子やスナック菓子をつまんでしまう、ということも無くなります。

2. 時間をかけて食べる

フランスの朝食はクロワッサンとカフェのように非常にシンプルですが、昼や夜は時間をかけて食事を楽しみます。ランチは1時間半~2時間、ディナーはさらに家族や友人とおしゃべりしながら2時間以上かけてゆっくり食べるのが一般的。時間をかけて食べることで、満腹中枢を刺激されて、食べ過ぎを防ぐことができるのです。

3. 新鮮な食材を、必要な量だけ食べる
画像

パリのマルシェ


マルシェでは旬の野菜や果物が、りんご1個、ポロ葱1本からでも買うことができるので、フランス人は新鮮な食材を、その都度必要なぶんだけ買って料理します。

栄養豊富で良質の食事は満足感が得られやすく、また買いだめしないので、無駄に食べすぎるということもありません。

4. メリハリのある食事

フランス料理はバターやオイルをたっぷり使った、カロリーの高いものが多いので、パリジェンヌたちはこまめに献立をアレンジします。

例えば、週末などたっぷりと食事をした翌日は、野菜スープにチーズ、デザートはヨーグルトと軽い食事にするなど、上手にメリハリをつけています。


パリジェンヌの生活習慣、3つのコツ!

1. 全身を鏡でボディチェック
画像

全身鏡でボディチェック

パリジェンヌたちにとって、体重はなんの目安にもなりません。体重計を 持っていない、という人すら多いほどです。彼女たちにとって大切なのは、体重計の数字ではなく、シルエットのバランス。痩せていてもバランスの悪い不健康な体は魅力的ではありません。

パリの家や大抵のアパルトマンの玄関には、全身を写すことのできる大きな鏡があり、パリジェンヌたちは、常に厳しくボディチェックをして、ボディラインの変化を見逃さないようにしています。

 

2. たくさん歩く

パリジェンヌはよく歩きます。地下鉄の1~2駅位なら歩きますし、犬を連れて散歩している姿をしばしば見かけます。ペタペタと足を引きずるように歩いているパリジェンヌは皆無。姿勢よく、すっすと足を前に出して歩くことは、自然にウォーキング運動になります。

また、パリのアパルトマンはエレベーターがない建物も多いので、階段の昇り降りも適度な運動になっているのです。

3. 自転車に乗る
画像

パリジェンヌはよく歩いたり自転車に乗ります


歩く以外にも、多くのパリジェンヌたちが移動手段に利用しているのが、パリ市運営のVelib(ヴェリブ)というレンタサイクル。

街中のいたるところにパーキングがあり、どこからでも借りられ、どこへ返してもよいことになって、メトロやバスに乗るよりもすいすいと移動できると人気です。


次のページでは、それでも太ってしまったパリジェンヌたちのダイエット法を紹介します。