フランス女性は生まれながらにプリンセス!

image

フランス人は愛情表現が豊かです。

フランス女性は生まれながらにプリンセスなのです。父親や祖父など男性から ma princess(僕のお姫様)と毎日呼ばれ続け、お姫様抱っこでベットに寝かしてもらうほど大切に育てられます。学校やパーティーでの仮装もプリンセスが大人気。憧れが強いだけでなく、自分こそがプリンセスだと思い込んで育ちます。

大人になっても、そんなプリンセス思考は存続し続けます。愛情表現が豊かなフランス語は恋人への呼びかけ表現が豊富で、ma cheri(僕の愛しい人)、mon amour(僕の愛する人)、 mon ange(僕の天使)など様々が呼び方があり、ma princess(僕のお姫様)も年齢を問わず頻繁に使われます。

子供のときは親から、その後は恋人からプリンセスと呼ばれ続け、さらにレディーファーストの文化に慣れているフランス女性が、気が強くワガママだと言われるのは自然の流れ。フランス男性はそんなフランス女性に振り回されるとラテン系の血が騒ぎ、ますます恋がヒートアップしていくのです。

フランスの三高男子とはどんな男性?

image

フランス女性にモテるにはユーモアのセンスが大事!

フランスで女性が理想の男性に求める条件は「シック・シェック・ショック」の三つ。シックとは粋でお洒落なこと。シェックとは小切手、つまり高収入、そしてショックは驚きや新鮮さをあたえてくれること。

実は3つの条件の中で最も大切だといわれるのはショック。フランス女性が男性に求める第一条件はユーモアという調査結果があるほど、ユーモアとエスプリの効いた会話で女性に心地よさや喜びのショックを与えることができなければ、女性には相手にされません。

すべての条件が揃わない場合は、それぞれの条件を持った男性を一人づつ見つけて3人を側に置けば良いのよ、というのがフランス女性たちの意見なんだとか。

出会い系アプリやサイトが人気

image

パリのメトロ構内には、出会い系サイトや避妊具の広告があるのも普通です。コンドームの広告もオシャレ!

日本では出会い系サイトで出会うのには後ろめたさを感じる人もいるかもしれませんが、フランスではそんな事はありません。フランス人は出会いのきっかけを気にすることはなく、今日では独身フランス人の半数以上が出会い系サイトに登録しているといわれています。

仕事が忙しくて時間がない、条件を絞り込めるので時間のロスがない、より多くの出会いがある、職場に異性が少ないなどの理由から、積極的に利用されています。

代わりに、カフェや通りすがりに街角で男性が女性に声をかけるフランスの風物詩がほとんど見られなくなり、最近は声をかけられることが少なくなってしまったとフランス女性は寂しく感じているようです。

次のページでは、フランス人のセックス観や付き合い方についてみていきます!