手肌の美しさも夜つくられる

ハンドケア

“美肌は夜つくられる”と言われるように、夜の美容は肌にもいい

日ごと秋が深まるにつれ、顔はもちろん、ボディの乾燥が深刻になります。とくに気になる部位が、手肌です。湿度の低下によるものだけでなく、手洗い、水仕事など、一日中、過酷な環境にさらされていると言っても過言ではありません。

そこで、唯一、手肌をやさしくいたわれる時間というと、夜です。“美肌は夜つくられる”という美容のことわざがあるように、成長ホルモンが活発に分泌される夜に良質な睡眠をとることで、肌の修復・活性をうながすといわれています。

夜のハンドクリームは“こっくり系”

では、具体的な夜のハンドケア方法について解説します。

まず、ハンドクリームは、保湿力と浸透力に優れていていることが第一です。テクスチャーですが、しっとりしすぎる程度のコクのあるテクスチャーのほうが、頼りになります。日中用として販売しているタイプは、さらりとした軽やかな感触でベタつかず使いやすいのですが、夜のハンドケアには適しません。
使う分量もポイント。翌朝までしっとりとした手肌をキープするためにも、量はたっぷり使いましょう。

毎日の習慣、ベッドにはいってからのハンドケア

ステップ2

手全体になじませたら、指1本1本をクルクルとらせんを描きながらマッサージ

ハンドクリームを適量とり、手のひらで温めてからなじませます。

手の甲に全体に広げたあと、指のつけ根から指先に向かってクルクルらせんを描きながら1本1本なじませます。


 
ステップ3

指を交互にクロスにさせて、手首を外側にやさしくのばす

続いて、指のストレッチ。指を交互にクロスにさせて、手首を外側にやさしくのばしましょう。そして、乾燥しやすい甘皮部分にハンドクリームを少量重ねて、すりこむようになじませます。

 
最後に、手を閉じてパッと開く“グー・パー”を、10回行います。

この一連の動作は、ベッドに入ってから簡単に行うことができますから、おすすめ。ハンドクリームを塗ることで保湿力は高まり、なおかつストレッチを行うことで血行促進。指先がポカポカ温まることでよりより睡眠が得られるでしょう。

手袋

手袋は、毎日清潔なものに取り換える

もうひとつ夜のハンドケアでおすすめなのが、ハンドクリームを塗った後に手袋をしたまま寝ること。手荒れがひどい時に、私はこの方法をしばしば行います。数日で乾燥が和らぎ、手肌がしっとりします。毎日洗濯できて、コスパもいいコットンがいいでしょう。







次のページは、特別な日のハンドケアを紹介します。