新型電子タバコ「加熱式タバコ」は、健康・美容面にどんな影響があるのか?

タバコを吸う女性

タバコは「百害あって一利なし」

「タバコ」は、美容にも健康にも有害であることは、多くの方がご存知かと思いますが、近年では、次世代の電子タバコとして「加熱式タバコ」が普及してきました。「加熱式タバコ」の『アイコス(IQOS)』『glo(グロー)』『プルーム・テック』などは、人気が高まり入手困難な状況が伝えられることさえあります。

さて、この加熱式タバコは新型電子タバコとして注目され、「普通の煙草より害が少ない」「受動喫煙の心配もない」という言われる事がありますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

日本禁煙学会に所属し、禁煙外来も行う医師でもあるガイドが、知っているようで実はよく知らない「加熱式タバコ」について、解説していきたいと思います。


なぜ加熱式タバコが日本で普及したのか?

加熱式たばこ

なぜ加熱式タバコが日本で普及したのか?

以前、「美容皮膚科医が教える!タバコの害と美容への悪影響」で解説させていただいた通り、日本は海外と比べても禁煙に対する意識がかなり低い国と言えます。コンビニエンスストアなどで堂々とタバコが売られている先進国は日本ぐらいなもの。美容にも健康にもよくない、さらに煙を浴びる周りの人にも受動喫煙という害があるとわかっていながら、多くの人が禁煙できないでいるのです。

そんな中、「害が少ないタバコ」という宣伝文句で、2015年9月に国内初めての加熱式タバコ『アイコス(IQOS)』が販売され、肩身の狭かった喫煙者から注目を浴びることになりました。

煙やニオイが出ないということで、加熱式タバコは、「受動喫煙の心配もない、周りに迷惑をかけずに吸える」という見解で、多くの喫煙者の心をつかんだのです。


加熱式タバコの仕組みとは?

加熱式たばこ

加熱式タバコの仕組みとは?

日本ではしばしば「電子タバコ」と言われている「加熱式タバコ」ですが、正確には通常のリキッド充填式の電子タバコとは仕組みが異なります。加熱式タバコは、でいうと『アイコス(IQOS)』『glo(グロー)』『プルーム・テック』が代表的なもの。

通常の紙巻タバコとの大きな違いは、火をつかっていない点にあります。しかし、本体の中ではヒートスティックと言われる小さなタバコが、約300度の熱を発している加熱ブレードと言われる部分で加熱されます。

その際に、プロピレングリコールやエチレングリコールが気化し、すぐに冷えて蒸気になります。これがいわゆる「ベイパー」という煙のようなもの。煙草の煙とではないものの、けっして「水蒸気ではない」ということを覚えてください。

ニコチンも十分な量が気化され肺から吸収されるため、脳のニコチンレセプターに吸着して満足感が得られるという仕組みなのです。


加熱式タバコは本当に健康被害が少ないのか?

加熱式タバコにも有害物質は含まれています

加熱式タバコにも有害物質は含まれています

加熱式タバコは「害が少ないタバコ」とうたわれていますが、本当にそうなのでしょうか?

「タールなどの有害物質を9割削減した」と言われていますが、加熱式タバコの詳細や成分も厳密には公表されておらず、有害な部分があるのではないかというのが、ガイドも所属している日本禁煙学会での見解です。

“タール”とは、発がん性物質を含む、黒褐色の油状液体で、一般的に「ヤニ」と言われているものです。確かに、加熱式タバコは火を使っていないので、一酸化炭素はほとんど発生しません。ですが先ほど説明したように、ただの水蒸気が出ているのではなく、発がん物質を含む気体が発生しているといえるのです。

実際に、「化学物質過敏症」の人の中には、加熱式タバコの近くにいることで頭痛や平衡感覚が麻痺してしまったという人もいます。


加熱式タバコのニコチン量は?

加熱式タバコのタールの説明をしましたが、「ニコチン」の量はどうなのでしょうか。

「ニコチン」は、タバコに含まれる依存性のある物質のことで、タバコがやめられないのはこのニコチンが原因になっています。ニコチンが脳に作用することで、脳が落ち着く、リラックスすると勘違いしてしまっているのです。

一般的に、喫煙者は「イライラするからタバコを吸って気分を落ち着かせる」と思われていますが本当は逆で、「タバコを吸うからイライラする」のです。紙タバコを加熱式タバコにしたところで、この悪循環は変わりません。加熱式タバコにも、ニコチンは含まれているためです。

しかし、加熱式タバコのニコチン量は、公表されておらず、紙タバコと比べて削減されていません。

加熱式タバコは、長所と言われている部分だけがクローズアップされる事が多く、「安全で健康的」というイメージを持っている人は多いと思います。しかし実は通常のタバコより安全だとは、現時点では言い切れないことを認識していただきたいです。

加熱式タバコの美容への影響は?

健康面・美容面のために禁煙を!

健康面・美容面のために禁煙を!

「美容のために加熱式タバコに変更した」という人もいますが、肌など美容面への影響はどうなのでしょうか?

加熱式タバコには、タバコの三大有害物質のひとつ一酸化炭素はほとんど含まれませんが、その他のふたつ「ニコチン」、「タール」をはじめとした200種類以上の化学物質が含まれます。

なので、通常のタバコで起こる皮膚への害である「くすみ、シワ、たるみ」、「プリンプリップ」などが起こることが危惧されます。よって、「加熱式タバコだから美容への影響がない」という考えは正しくありません。


健康・美容のために、禁煙するのが一番

タバコ会社は、喫煙者が減少傾向にある昨今、「加熱式タバコ」で巻き返しを図ろうとしているのでしょうが、健康、美容のことを考えれば、きっぱり禁煙するのが一番です。

とは言っても、「ニコチン依存症」になってしまっている場合は、自分ひとりでタバコを絶つのは難しいのが現実です。ガイドのクリニックをはじめ多くの病院で、保険適用の「禁煙外来」もあるので、専門医に相談するのもよいでしょう。

「禁煙は愛から」、この言葉を合言葉に、喫煙者は禁煙を、非喫煙者は一緒に禁煙普及活動を広めていきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。