フランスでは、毎日お風呂に入る人は少数派

フランス人の5人に1人は、毎日は体を洗いません。入浴もシャワーで簡単に済ませるので、毎日お風呂に入る人は少数派。 フランスは湿度が低くサラッとした気候なので、頻繁に洗わなくても体がベタベタしないので、あまり入浴の必要に感じないのでしょう。
画像

フランスの浴室によく設置されているビデ

では、「体を毎日洗わなくて汚くないの?」と、日本人なら当然感じる疑問。
その解決法は、ずばり「ビデ」にあるのです。

ビデというと、ヨーロッパのホテルのバスルームでよく見かける、便器の横にある、洗面台のようなものを思い浮かべる人も多いのでは?
日本ではあまりなじみのないものですが、フランスでは多くの家庭のバスルームに「ビデ」が設置されています。


ビデの役割とは?

ビデという名称は知っていても、実際のところは用途がよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

ビデの大きな役割としてあげられるのが以下の2つ。
・排便後や排尿後の局部洗う
・女性の生理時の局部を洗う

つまり、必要に応じて、局部やデリケートゾーンを洗浄するために使うものです。日本だと、女性が生理時に使うもの、というイメージが強いですが、フランスでは男性も女性も使うもの。

例えば、フランス人は、朝起きたときや、お出かけ前にシャワーを浴びるので、夜はビデで局部を軽く洗ってから就寝、というふうに使用する人が多いです。

 

18世紀のフランスで誕生したビデ

画像

18世紀にフランスで誕生したビデ

ビデの歴史は古く、18世紀初頭にフランスで誕生しました。

当初は、タライを付けた木製の細長い椅子のようなもので、これにまたがって局部を洗っていたので、子馬を意味するフランス語の「ビデ(bidet)」と名付けられました。
お風呂に入る習慣がなかったので、体臭対策として、香水と共に受け入れられたのでしょう。

 


前?後ろ?ビデに座る向き

ビデには、水をためて手で洗浄するタイプと、上向きの水栓が付いていて、そこから水が吹き出るタイプがあり、どちらのタイプも座って使用します。そこで、まず疑問になるのが、座る向きはどっちが正しいか、ということ。

壁に向かってビデにまたがるように座るのが正解です。つまり便器に座るのとは反対の姿勢になります。ただし、ズボンを履いたままだと座りにくいので、壁を背にして座る人もいます。

フランスでも、壁に向かって座る派、壁に背を向けて座る派と、それぞれ好みで分かれているのです。

では、次のページでは、ビデの正しい使い方と、パリジェンヌのビデ活用法をご紹介します。