香水をつけない女性に未来はない!?

フランス女性にとって、香水をつけることは、身だしなみのひとつです

フランス女性にとって、香水をつけることは、身だしなみのひとつです

ココシャネルが「香水をつけない女性に未来は無い」という名言を残したほど、フランス女性にとっては香水をつけることは、なくてはならない身だしなみのひとつです。若いパリジェンヌから高齢のマダムまで、お気に入りの香水を持ち、日常的につけています。

男性は、ふんわりといい香りのする女性が大好きですよね?日本では街や電車の中で、香水の強い香りを匂わせている人に遭遇することがありますが、香水の匂いが強すぎると、人に不快感を与えて、下品に感じられてしまいます。

一方、パリの街を歩いていて、香水の強い香りをさせている人に出会うことはほとんどありません。フランス人は、控えめに香らせるのがとても上手。いつまでも嗅いでいたい……と感じてもらえる香水の使い方ができるのが、大人のエレガンスなのです。

 

香水は「男性からキスされたい箇所につける」べき?

画像

パリジェンヌは、恋人からキスされたい箇所につけます

一般的に、香水は体温の高い箇所の、体のやや下の位置につけるのが良いとされています。これは香水のアルコールが体温に温められて発揮し、下から上へと香りが上っていく性質だから。具体的には、腕やひじの内側、ウエスト、膝の裏側、太ももの内側、足首の内側などが適しています。

一方、うなじや胸、肩、腕、太もも、足首など、ごく少量の香水を分散して、自由につけるのがパリジェンヌ流。これは、前述のココ・シャネルの言葉「香水は、男性にキスされたいと思うあらゆる箇所につけなさい」が、ロマンチックなパリジェンヌにはしっくりくるからでしょう。

 

何時つければいいの? 香水をつけるタイミング

香水は清潔で乾いた肌につけましょう。パリジェンヌが香水をつけるタイミングは、シャワーを浴びた後です。朝シャワーを浴びて、さらに夜外出する場合は、外出前にもう一度シャワーする習慣があるので、常に洗いたての肌に香水をつけます。その際、お気に入りの香水と同じラインのシャワージェルやボディミルクを一緒に使用するのがオススメ。よりピュアな香りを愉しむことができます。

香水は時間が経つにつれて香りが変化していきます。全体のバランスがよく香るのは、肌につけてから30分~2時間後。デートのときは、時間を逆算してつけるようにしましょう。


どうやってつけるの? 正しい香水のつけ方

image

香水は体から20cmほど話してプッシュします

香水をつけるときは、適量あるいは2~3プッシュを手に取り、つけたい箇所にトントンと軽く叩くようにつけていきます。最後に手でさっと髪の内側をなぞるようにすると、髪をかきあげたときにふわりと香りがたつので、デートのときはこのひと手間を忘れずに!

肌に直接ふりかける場合は、肌から20cmほど離して吹きかけると、香水がミスト状になって均等に肌につくので、ふんわりと香ります。
胸やうなじなど、体の上半身につける場合は、香りがダイレクトに鼻に届くので、量は控えめに。

よくやってしまう間違いが、手首や手のひらでこすり合わせるつけ方。香りの成分が壊れてしまったり、油脂や汗と混じって香りが変化する原因になるので、こすり合わせるのはNG。香りを他の箇所に移したいときは、トントンと軽く叩くようにして、香りを移していきます。

次のページでは、役に立つ香水のTPOやパリジェンヌの香水活用術、人気のオーガニック香水をご紹介します。