もし、香水を付けすぎてしまったら…どうすればいい?

ちょっと多く付けすぎてしまった時には、香水がついた手首を洗い流しましょう

ちょっと多く付けすぎてしまった時には、香水がついた手首を洗い流しましょう

香水を手首に付けすぎてしまった場合は、水道水で、手首を洗い流します。水で流すことにより、付けすぎたニオイが程よく落ち着きます。
また、アルコールや消毒用エタノールなどをコットンに含ませ、香水をつけた部分を軽くポンポンと叩きながら拭き取ります。

洋服に付いてしまった場合 は、クリーニングに出すのが1番ですが、自宅で対処する場合は、重曹スプレーがオススメです。
水200mlと重層を大さじ1杯を合わせたら、香水のニオイが気になる部分にスプレーします。あとは、風通しのいい場所にかけます。

※服の素材によっては染みになる事があるので、目立たない場所で試してから対処ください。


香水を楽しむアレンジテクニック

香水を上手に活用して、香り美人を目指しましょう!

香水を上手に活用して、香り美人を目指しましょう!

午前中や日中には、オード・トワレを。アフターファイブや夜のデートには同じ香水もしくは同じ系統のパルファンを重ねつけすると、より香りが華やかになります。

もちろん日中でも華やかに香らせたい時や、気温や湿度、体温の低い場合も日中にパルファンを使用しても問題ありません。

また、2種類の香水を使いたい時には、フローラル系なら同じフローラル系の香水を選び、より重い香りを下半身につけ、軽めの香りを上半身につけるという上級な付け方もあります。

香水を爪に使用する(小悪魔テクニック)

香水を含ませたコットンを、爪の裏側を軽く拭くように馴染ませます。
デート中に手を繋いだり、デートが終わり彼と別れたあと、彼の手についたあなたの残り香が、あなたとの今日の素敵な思い出を思い返してくれることでしょう。

次ページでは「香水の上手な付け方」を紹介します。