Q1.香水とは、何ですか?

香水は、賦香率「香水に含まれる香料の量」によって呼び名が変わります。

香水は、賦香率「香水に含まれる香料の量」によって呼び名が変わります。

A.香水とは、英語でパフューム、仏語でパルファンをさします。 一般的に、香り製品を「フレグランス」と呼びますが、その中でも、賦香率「香水に含まれる香料の量」によって、呼び名が変わります。

製造メーカーによって、オードトワレが7~8%のものや10%以上含まれる香水もあり、同じ「オード・トワレ」でも、賦香率も異なります。

 

Q2.「パルファン」と「オード・トワレ」の違いはなんですか?

A.「パルファン」と「オード・トワレ」の大きな違いは、賦香率「香水に含まれる香料の量」が異なる事です。「パルファン(香水)は強く香る」と思われがちで敬遠される方が多いですが実は深みとコクがあり長時間香りますが、決して強い香りではありません。むしろ、オード・トワレと比べ、拡散性が少なく上品で控えめな香りの場合もあります。


Q3.「パルファン」と「オード・トワレ」の、上手な使い分けを教えてください。

A.オード・トワレは日中用。パーティや、ドレスコードのある正装する場では、パルファンがオススメです。また、日中にオード・トワレを使用し、アフターファイブでパルファンと付け足す。という使い方も、香水上級者向けです。


Q4.なぜ、パルファンは量が少ないのに、高価なのですか?

A.オード・トワレと比べ、パルファンが高価な理由は、香り立ちは同様でも、原料の配合が異なっている場合があります。ですので、オード・トワレとパルファンとでは、香りは似ていても、実際に肌に付けると奥行きや香りの広がり、優雅さなどが異なります。


Q5.男性用香水と女性用香水の違いは?

A.通常、男性用には「FOR MEN=フォーメン(英語)」「Pour Homme=プールオム(フランス語)」「Per Uomo=ペルウオモ(イタリア語)」など記載されています。しかし、名前を見ただけで男性用だとわかる香水や、もともとが男性専用のブランドの場合には、男性用だという表示がされないことがあります。最近は、カップリングフレグランスが多くなり、男性・女性用ともに同じ名前をつけている香水も多く見られるようになりました。

■男性用■
英語
「For Men」「Men」「For Him」「Gentleman」 など
フランス語
「Pour Homme(プールオム)」「Homme(オム)」「Pour Lui(プールリュイ)」「Lui(リュイ)」「Masculin(マスキュラン)」 など
イタリア語
「Per Uomo(ペルウオモ)」「Uomo(ウオモ)」「Per Lui(ペルルイ)」「Lui(ルイ)」 など

■女性用■
英語
「For Women」「Women」「For Her」 など
フランス語
「pour Femme(プールファム)」「Femme(ファム)」「Poru Elle(プールエル)」「D’Une Femme(デュンファム)」 など
イタリア語
「Per Donna(ペルドンナ)」「Donna(ドンナ)」
「Per Lei(ペルレイ)」 など