香水で汗のニオイなどは消せますか?

香水で汗のニオイは消せません。香水は、清潔な体に使いましょう!

香水で汗のニオイは消せません。香水は、清潔な体に使いましょう!

残念ながら、香水で汗のニオイなどは消せません。香水は、清潔な体に使用しましょう。もし、体臭や汗のニオイが気になる場合は、デオドラント製品で汗を拭いてから香水を使用しましょう。




香水を使う意味やメリットは?

香水の良い所は、相手に話しかけなくても香りで印象を残すことが出来る所です。特に、他人のニオイって気になりませんか?自分が香りをまとい、気持ちよく、楽しむことは勿論の事、きっかけを作るアイテムとして活用できると言えるかもしれません。


すれ違った時にだけ、フワッと香らせる方法は?

ウエスト、膝の裏、足首などを中心に、少量ずつ使用すると、すれ違った時や、動いた時に上品に香らせることが出来ます。

香水は、下から上に香る習性があり、あたたまると香りが揮発しやすくなります。香水を付けると、すぐニオイがしなくなりますが、意外にも他人はニオイに敏感です。だからこそ、自分で香っているか香っていないか、わからないくらいがオススメです。


不要な香水は、どうやって捨てたらいいの?

スプレー式の香水は、ティッシュやコットン等に含ませ、しっかり香水が蒸発し、乾燥したら燃えるごみで出しましょう。

スプレー式の香水は、ティッシュやコットン等に含ませ、しっかり香水が蒸発し、乾燥したら燃えるごみで出しましょう。

スプレー式の香水は、ティッシュやコットン等に含ませ、しっかり香水が蒸発し、乾燥したら燃えるごみで出しましょう。香水瓶は、アルコールで香りがしなくなるまで洗浄し、不燃ごみ(ガラス)で出しましょう。

捨てるのが、もったない!という場合は、トイレットペーパーの芯に付けたり、ルームフレグランスとして使用したりするのも、オススメです。




香水の使用期限と保存方法

直射日光を避け、温度や湿度の低い場所に保管するのがおすすめです。ただし、香水の最適温度は15度~25度と言われていますので、温度が低すぎるより、「温度と湿度が一定である事」のほうが大切だと言われています。特に、天然香料の中には成分が固まってしまうものもありますので、香料をチェックしてから保管しましょう。

また、使用期限の目安は、開封後1年くらいで使い切るのが良いとされ、未開封のものは、約2~3年と言われています。古くなると香水は、アルコール分などが揮発していき、香りが変化してしまいますので、早めに使い切りましょう。