精油と香油の違いは?

古代エジプトから伝わる香油は、現代でも愛用されています。

古代エジプトから伝わる香油は、現代でも愛用されています。

「精油」とは、植物から採取される芳香をもったもので、とても高価な天然香料です。

古代より、さまざまな種類の花・果実・葉・茎などから香料として採取され、香料として化粧品などの防腐剤として、また「キフィ」のような、宗教的な儀式の一部として使用されてきました。

一方、「香油」とは、香りのするオイルのことで、精油などの天然香料にキャリアオイルを混ぜて、直接、肌や髪の毛に使用出来るオイルです。

アルコールを使用している香水と異なり、香りの揮発はゆっくりと柔らかく香るのが特徴です。主に、宗教上、アルコールが使用できないアラブ諸国などでは、日常的に使用されています。


精油について

天然香料のほとんどは植物より抽出された精油や樹脂をさします。

精油の抽出法としては水蒸気蒸留がもっともよく用いられていますが、熱に対して不安定な精油については、柑橘類のように果皮を圧搾(あっさく)したり、有機溶媒により抽出しているものも存在します。


精油の不思議

天然香料は、農産物であるため、栽培している国や、その年の気候や収穫の時期、また、精油をつくる工場の抽出する状態などによって、同じ精油でも少しずつ香りが異なります。


香水への使われ方

アロマテラピーに使用するラベンダーやカモミールなども、香水には多く使われています。

アロマテラピーに使用するラベンダーやカモミールなども、香水には多く使われています。

香水は、精油など植物性香料や動物性香料などの「天然香料」や、「合成香料」などを使用し、約50種類以上の香料を、アルコールと精製水に溶かして作られます。

植物性香料は、自然界に存在する、花・果実・樹木・種子などから香りの成分を抽出します。

例えば、ローズ(バラ)やジャスミンや、アロマテラピーなどでも使われている、ラベンダーやカモミールなどのハーブ系も、香水には多く使われています。

アロマテラピーとの違いは、香水は沢山の香料を使い、それぞれのメロディーが1つの音楽になるように、香水もまた、色々な香料を組み合わせることで、色々な表情が浮かび上がります。いわば、芸術品の1つと言えるのではないでしょうか。