フランス女性はナプキン派?それともタンポン派?

image

フランス女性はナプキン派よりタンポン派が多い?

生理用品といえば、主にナプキンやタンポンが挙げられますが、日本では衛生上の理由や、タンポン挿入時に違和感があるのが苦手という理由から、ナプキン派が多いと言われています。

一方フランスでは、ナプキン派とタンポン派が半々だとも言われますが、筆者の周りのフランス人にインタビューしてみるとタンポン派が主流です。

フランスには生理用ショーツが存在しない!?

日本では生理中はサニタリーショーツを着用するのが一般的ですが、フランスではサニタリーショーツは存在せず、フランス女性は生理中でも普段と同じショーツを着けています。Tバック、薄地やレースの華奢なデザインのショーツを好むこと、またタンポンのほうが動きやすいこともあり、ナプキンよりタンポンを好む女性が多いようです。


一生に1万2000個ものナプキンやタンポンを捨てている現実

image

紙ナプキンやタンポンのゴミは、自然環境破壊を引き起こす原因として問題視されています


image

フランスのスーパーのサニタリーコーナー

フランスのフルールカップ社の資料によると、一人の女性が一生に費やすナプキン及びタンポンの金額は約2400ユーロ(日本円=約31.5万円 2017年8月時点)、消費個数は約1万2000個。さらに世界全体でみると、女性の捨てる生理用品数はなんと年間450億個を超えています。

それらを地球に還元するのに約500年かかると想定されおり、紙の大量使用によって引き起こされる自然環境破壊の影響が問題になっています。

そこで、ナチュラル志向やエコへの関心が高まるフランスでは、「月経カップ」と呼ばれるナプキンやタンポンに代わる新しい生理用品に支持が高まってきています。


人気上昇中の「月経カップ」って一体何なの?

image

色やサイズは自分の体や好みに合わせて選びます

月経カップとは、医療用シリコンや天然ゴムなどの素材から作られた、鈴のような形をした生理用品のこと。膣の中に入れて装着し、カップの中に経血を集めて、溜まった経血を捨ててカップを水洗いすることで何度でも再装着することができます。膣の大きさや経血の量によりカップの容量が異なるので、自分の体に適したサイズの月経カップを使用します。


月経カップはどこで買えるの?

フランスではオーガニックショップや薬局などで簡単に購入することができる月経カップですが、日本ではあまり店頭販売はされていないようです。2017年8月現在では、インターネットサイトでで購入することができます。

 

月経カップの使い方。どうやって使うの?

    image

    手で小さく折りたたんで膣に挿入します

  1. 手と月経カップをきれいに洗浄する。
  2. 手で月経カップを小さく折りたたんで膣に挿入する。膣のなかで月経カップが開いて固定される。
  3. 約12時間毎に取り出して、月経カップに溜まった経血を捨てて、カップを水洗いする。
  4. 再度折りたたんで挿入する。
  5. 生理が終了後は5分間以上煮沸消毒して付属の袋に保管する。


次のページでは、気になる月経カップのメリットとデメリット、実際に使用した筆者の感想をご紹介します!