あなたの毛穴はどのタイプ?皮脂量増加による毛穴トラブル

まずは自分の毛穴タイプをチェック!

まずは自分の毛穴タイプをチェック!

気温や室温が高くなる状態が続くと、肌の皮脂量の増加によるベタつきやテカリが起こります。そのせいで、だんだんと毛穴が開いたり、目立つようになったと感じるひとも多いのではない でしょうか。

開いた毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうと、さらに毛穴がポツポツと目立つようになり、夏が過ぎてもなかなか改善せず、そのまま毛穴がたるんでしまったり、いちご鼻になってしまう恐れも。毛穴に悩む方は、まず自分の毛穴タイプを知りましょう。

・開き毛穴
毛穴の中の皮脂線から分泌される皮脂量が多いために、毛穴が大きく開いた状態。皮脂の分泌量が急激に増えた場合や、生まれつき皮脂腺が大きいオイリー肌で赤ら顔のひとに多い。

・詰まり毛穴
過剰な皮脂と古い角質や汚れが混ざり合って角栓になった状態。Tゾーンに多く見られ、触るとザラザラしています。


すっぴん力の高いパリジェンヌが愛用する、収れん化粧水

画像

Tゾーンは特に毛穴の開きが気になる部分です

多くのパリジェンヌが、毎日使用しているのが収れん化粧水です。保湿化粧水や柔軟化粧水が主流の日本とは反対に、フランスの化粧水は収れん化粧が主流です。

これはフランスのスキンケア方法にワケがあります。水で洗い流さないで、ふきとる洗顔が主流のフランスでは、洗顔またはクレンジング後に、肌に残った洗顔料やクレンジング剤、汚れや皮脂を取り除き、皮脂バランスを整えるために収れん化粧水を使用するためです。洗顔料またはクレンジング剤で肌の汚れを浮かしたら、収れん化粧水を適量コットンにとり、そっとやさしくふき取ります。

収れん化粧水は、毛穴をひきしめると同時に、肌をひんやりと気持ちよく整えてくれるので、洗顔への満足感も一層アップ。素顔で過ごすことの多いパリジェンヌは、日々収れん化粧水で毛穴をひきしめて、キメ細やかな肌を保っています。


収れん化粧水とは?

画像

フランスでは収れん化粧水はコットンにとり、ふきとり洗顔に使用

毛穴をひきしめる効果のある化粧水のことを、トーニングローションまたは収れん化粧水と呼びます。他にも肌にうるおいを与える、キメを整える、皮脂をコントロールする、清涼感を与えるなどの作用があります。

収れん化粧水にはメントキシプロパンジオール、カンフル(樟脳)、エタノールなどが配合されており、それらの成分が肌をひきしめて、清涼感を与えてくれますが、敏感肌の方には稀に刺激が強いことがあるので、使用前に腕の内側などでパッチテストをして、自分の肌に合うかどうか確かめることをおすすめします。また最近ではノンアルコールの収れん化粧水もあるので、成分を確かめてから購入するとよいでしょう。


敏感肌でも安心!収れん効果のあるローズウォーター

画像

フランスで古くからスキンケアに活用されているローズウォーター

収れん化粧水の代用として、ナチュラル志向の高いパリジェンヌに人気なのがローズウォーター。バラの花びらを天然水で蒸留し、水蒸気を冷却して集める水蒸気蒸留法と呼ばれる手法で造られるローズウォーターは、フランスでは薬局で購入することができます。

ローズウォーターには保湿や皮膚を柔らかくする作用のほか、殺菌・鎮静、収れん、皮脂をコントロールする作用があり、安心して全ての肌体質に使えるため、古くから愛されています。敏感肌のひとはローズウォーターから始めてみてもよいでしょう。


次のページでは、効果的な収れん化粧水の使い方やコツをお伝えします。