【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

国際恋愛中のいちばんの悩みは「言葉の壁」


外国人の彼・彼女とおつきあいしている時、いちばん気になるのは「言葉の壁」ではないでしょうか?
自分が言ったことが正確に伝わっているか、相手の言うことをきちんと理解できているのか……。あるいは、まだ語学が堪能でない、言いたいことがうまく外国語で伝えられないなど、悩みは尽きません。

言葉よりも心の結びつきのほうが大事、心は通い合っているから大丈夫、とは思いたいものの、どうにも不確かな感じは否めません。すると、何とも言えない不安な気持ちに襲われてしまうんですよね。

また、言葉が多少通じ合わないくらいのことで、この恋を終わりにさせたくない!という強い情熱も、きっとみなさんお持ちでしょう。

そこで、「言葉の壁」を「恋愛の壁」にしない方法をアレコレさぐってみました。

「壁」は絶対に存在するもの。でも低くできる!!


私個人の見解としては、「言葉の壁」は“永遠に存在するもの”と思っています。それが国際カップルの大前提。どちらかが相手の言語を母国語と同じくらいのレベルで話せるなら別ですが、そうでなければ、多少の壁はどんなカップルの間にも存在しているのです。

何とかその壁を無くしたい!と思うのは人情ですが、壁はあるものなのだと腹をくくってしまったほうが、かえって目標が見えやすく、対策も立てやすくなります。
無くすのは不可能だけど、低くすることはできる……。
壁はいつまでもあなたの前に、高くそびえ立っているわけではないのです。

ただし、1つだけ条件が……。
多くの場合、カップルの一方が相手の言語を話すようにしていると思いますが、言語問題にはできるだけ2人で取り組んでいく、ということです。
そう、壁が高くなるか低くなるかは、お2人次第なのです。

うまくいけば、「言葉の壁」は「恋愛の壁」にはならないどころか、2人の絆はかえって深まるかもしれません。


「言葉の壁」克服にはキーワードがあった!? それは次ページへ→