「どうしても食べられない日本食」調査


あなたの外国人のパートナーやお友達がどうしても食べられない日本食は? というアンケート調査をして、ランキングをつくりました。外国人の奥様やご主人だけでなく、そのご家族やお友達にまで対象を広げ、複数回答も可としました。

選択肢は次の4つです。順番もこの通りでお聞きしました。
納豆
刺身
生卵(すき焼、旅館の朝食などの)
味噌汁

これらの選択肢にした理由は……

「納豆」は誰でも最初に思いつく、外国の方が苦手そうな食べ物ですよね。
「刺身」も同じく、生の魚ということで、食べる以前に「信ジラレナ~イ」という方が多いようです(でも、食べたら好きになったという方もたくさんいますけど)。
「生卵」は、日本では古くから食卓に馴染みのある食物ですが、外国では衛生上の問題から必ず加熱して食べるという所が多いため、抵抗はないかと思い、うかがってみました。
「味噌汁」は、嫌いな人もけっこういるというお話を聞いて、選択肢に入れてみました。


やっぱり食べられないのは「納豆」!

多くのみなさんから投票をいただき、結果は下のようになりました。

2006年6月調査

予想通り、「納豆」がダントツでありました!! ぶっちぎりと言ってもいいでしょう。7割近くの票を集め、他を大きく引き離してしまいました。

2位は「生卵」です。夫によれば、リッチな人はすき焼きで、そうでない人は牛丼で、生卵体験をしている人が多いようですよ。
また、旅館だけでなく、ユースホステルの朝ご飯で出た、という人もいます。

「刺身」と「味噌汁」については、食べられないという方は少なかったですね。海外の日本食レストランなどで食べる機会が増えているので、もう味に慣れているからかもしれませんね。


次ページでは、外国の方たちによる“苦手な理由”が読めます。 →