【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
国際結婚をする多くの方が、親から何らかの反対を受けています。 特に日本の親のほうが反対しているケースが圧倒的。そこで、具体的にどんなことをしたら、親を説得でき、結婚に同意してもらうことができるのか、国際結婚した方のご意見を参考にまとめてみました。

題して「親の反対を乗り切る10カ条」。といっても、親が反対していても強引に事を進めて乗り切る、ということではありません。困難な状況を、なんとかがんばって途中で挫折せずに切り抜ける。のりこえる」ということです。

さあ、ふたりでできることから始めていきましょう。

1.両親とよく話す

反対されたら、まず両親となるべく話すように心がけましょう。そして、パートナーの人柄やふたりの結婚の意志などを、誠心誠意伝えます。もちろん、1~2回話しただけでは、親の気持ちはなかなか変わらないとは思いますが、話し合う時間をもつこと自体が大切なのです。

そもそも自分の将来について親とじっくり話すことなんて、それまであまりなかったのではないでしょうか? ましてや、自分がどんな人が好きかとか、どんな結婚をしどんな人生を送りたいと思っているかなんて、親との会話の話題にすらしてこなかったという人が大半ではないかと思うのです。

ですから、これを人生初めてのいい機会だと思って、両親と真正面から向き合い、真摯な気持ちで伝えてみてください。どのくらい真剣かということは、その態度と言葉から自ずと通ずると思います。

事例
「私は、説得し続けてもどうしても通じないなら、駆け落ちしてでも彼女を守ってあげたい、一緒になりたいという気持ちで両親を説得しましたが、そのくらい心底真剣に説得しないとなかなか通じないし、中途半端な気持ちは見透かされてしまいます。」

ただ、話し合いですから、あなたの気持ちを一方的に伝えるだけではだめ。両親も自分たちの思いをぶちまけないと納得しないでしょうから、親の話も聞く耳を持ちましょう。

2.両親の性格を考えて

国際結婚

両親の反対は、あなたの幸せについて確信が持てないからこそ、というのが根っこにある場合が殆ど。両親の性格に合わせて臨機応変に対策を打ちましょう

両親に話をする際には、多少の作戦も必要です。父親か母親か、どちらに訴えかけたほうが分かってくれそうか、またどんな点をとりわけ強調して話したほうが親が納得するのか、そのへんを考えて話し合いにのぞみましょう。

たとえば、相手がまだ学生で収入がない場合、両親が最も心配しているのは生活費などの経済面です。そういうときは、彼の将来設計をきちんと伝え、ふたりでちゃんと生活プランをたてていることなどを話しておくとよいのではないでしょうか。

他の人が成功した作戦が、即あなたの両親にも通用するというわけではありません。親の性格をいちばんよく知っているのはあなたですから、両親の性格を考えたうえで、あなた流にアレンジするなど工夫してみてください。

3.家族や親戚の誰かを味方につける

この外堀から埋めていく作戦は、かなり功を奏しているようで、成功例もたくさん聞いています。

お母さんが応援してくれてうまくいったという方、お兄さんが味方になって一緒に説得してくれたという方、叔母さんが力になってくれ両親に働きかけてくれたという方、いずれも最終的には両親から結婚を認めてもらっています。特にあなたが海外に住んでいる場合は、日本の両親の近くにいる兄弟姉妹や親戚の人のバックアップ効果は絶大です。

ぶつかり合っている両親とあなたの間に第三者が入ることで、険悪なムードが多少なりとも和らぎますし、第三者の意見のほうが両親も素直に聞けたりすることもあります。または、素直にホンネを漏らしたり。あなたには言えない本当の理由が分かるかもしれません。親は特に子どもには「寂しい」などの弱音を吐けないのですから。

意外に気づかないのが両親の健康状態。ふだんは元気そうにしていても、50~60代ともなると身体的な衰えを自身がひしひしと感じる年代であり、高血圧や糖尿病、ガンなどのリスクも高くなってきます。まだ若い私たちにはなかなか分かりにくいことなのですが、両親はそんな不安からあなたになるべく近くにいてほしいと思っているのかも。そんな話も、同年代の親戚の方なら聞きだしてくれるかもしれません。