「外国人のダーリンが欲しい」という女性が注意することとは?

恋愛もグローバル化? 外国人と付き合いたい女性達が注意すべきこと。

恋愛もグローバル化? 外国人と付き合いたい女性達が注意すべきこと。


街中を見れば、外国人だらけの昨今の日本。2020年の東京オリンピックを控え、ますますグローバル化が進み、さらに国際恋愛や突然の出会いのチャンスが広がっていきそうです。

しかし、日本人女性は、ナンパにホイホイついてくる「軽い女性」だと思われている危険な側面もあります。単なる「現地ガールフレンド」……つまり、日本にいる間だけのセフレ状態になって泣かされるのは避けたいですよね。

そこで、欧米の外国人男性と付き合い、本気で虜にするために知っておきたいことを、カナダのバンクーバーに暮らす私が実際に見聞きしたエピソードや、海外在住のグローバル女性へのインタビューを交えてご紹介します。


英会話講師との恋に泣かされた日本人女性の例

年下の英会話講師に惹かれたAさん。その恋の行方は?

年下の英会話講師に惹かれた、30代のAさん。その恋の行方は?


グローバルな時代を見据えて、昨秋から英会話に通い始めた、30代女性のAさん。そこで出会った年下の外国人の先生からプライベートレッスンのあと、レッスンの延長戦的な意味合いで、一緒にお酒を飲みに行ったそうです。

キュートな「片言ジャパニーズ」を駆使した巧みな話術でいっぱい褒められ、大盛り上がり。終電がなくなって帰れなくなった彼を、「始発まで」という条件で自宅に招き入れたのでした。

それからというもの、学校では先生と生徒の関係を保ちつつ、月に数回は一緒に遊びに行くような「友達以上」の関係になった、とのこと。

付き合ってるのかどうかわからない関係のまま、数ヶ月が経過。

彼にチラッと二人の関係を尋ねてみてもはぐらかされ、ついに、この3月に突然、彼は本国へ帰国してしまい、連絡が取れなくなったそうです。

一緒にいるとき、優しく接してくれたのですが、結局は日本滞在時の単なる「現地ガールフレンド」だったのかと思うと、虚しくて寂しさが募る日々を送っているそうです……。

Aさんは彼をカッコいいなと思っていたし、日本人と付き合うときと同じように、相手を気遣ってお付き合いをしていた、と言います。滞在中はずっと仲良く過ごしていたのに、なぜ本命にステップアップできなかったのでしょうか?


日本人とは違う好みを知ることがモテる&本命になるコツ

グローバル化の一方で、Aさんのように、外国人との付き合い方がうまくいかずに、泣かされる日本人女性がいる事実。そこで、そんな女性たちを救う手立てを考察したく、欧米男性向けのモテテクニックを取材しました。

『グローバルに愛される女子養成講座』主宰、バンクーバー在住のハートリー明子さん。

『グローバルに愛される女子養成講座』主宰、バンクーバー在住のハートリー明子さん。


今回お話を伺ったのは、『グローバルに愛される女子養成講座』主宰、バンクーバー在住のハートリー明子さん。グローバルに活躍したい女性、国際結婚に憧れのある女子達へ出会いの場を提供する活動にも 力をいれている彼女に、欧米男性を本気で惚れさせるコツを伺ってみました。

彼女いわく、まず欧米の外国人男性が好む女性像と、日本人にモテる女性像の傾向には、大きな違いがあるそうです。


1.「カワイイ」よりも「セクシー」に!?

おしりを褒めるなんてカラダ目当て? と警戒しすぎなくても大丈夫。

おしりを褒めるなんてカラダ目当て? と警戒しすぎなくても大丈夫。

まずは、出会いの場で欧米男性の気持ちをひきつけ、恋愛対象になるための外見やファッションについて聞いてみましょう。

「日本人男性は自分が守ってあげられるような可愛らしさを女性に求めますが、欧米男性はよりセックスアピールを感じるセクシーな女性が好むことが多いです。アジア人は体格が小さく顔つきも童顔なので、年齢よりも若く見られがち。ファッションやメイクで、大人っぽさを心がけるとよいかもしれません」(ハートリー明子さん)

さらに大きな好みの違いに、彼らはバストの大きさよりも、あるモノにセクシーさを感じるそうです。

「欧米男性は女性のおしりにセクシーさを感じるということが多いです。だから、女性への褒め言葉はズバリ、“Wow、Nice Ass!”。つまり、“すごい、イイお尻だね!”なんです!」(ハートリー明子さん)

日本だと小尻という言葉があるように、おしりは小さめが好まれますし、初対面の男性にそう言われたら、“太めってこと!?”とショックを受けてしまうかもしれませんが、まったく違う意味なんです。

ですから、日本で少し大きなお尻や下半身ぽっちゃりで悩んでいる女性も、日本から世界に出てみれば、たちまち男性を惹きつける、モテる女性に変身できるかもしれません。

ちょっと余談ですが、日本では、ちょっと幼い顔つきで大きめバストの女性が、そのギャップを武器にグラビア誌をにぎわせることも多いですが、欧米男性はそれにもあまり反応せず、むしろアンバランスに感じるようです。確かに、海外の男性誌に登場する女性たちは、これでもか! というぐらいセクシーさを売りにしていて、たしかに、そこに「ギャップ」は感じませんよね。


2.モテる最大の武器は「笑いのセンス」

日本では引かれてしまうくらい、しっかりアプローチして、盛り上げ役になるのが吉。

日本では引かれてしまうくらい、しっかりアプローチして、盛り上げ役になるのが吉。


続いて、ハートリー明子さんが外見よりももっと大事なのがパーソナリティー、つまり、性格や中身だと言います。それはとても心強いご意見です。しかし、これにもかなりの認識の違いがありました。

「日本で女性らしさと言うと、おしとやかさや可愛らしさが求められがちですが、海外では単におとなしいだけの女性は相手にされませんし、飽きられてしまいます。
英語が苦手な日本人女性に多い、ニコニコしながらすぐに“OK、OK……”と言ってしまう態度は、残念ながら、軽く見られやすいので注意。言葉が分からなければ、面倒くさがられても、何度でも聞き返して。
どちらかと言えば、日本男性からは引かれてしまうくらい、パワフルでユーモアがある女性が海外ではモテることが多いですよ」(ハートリー明子さん)


例えば、日本の飲み会等で男性からなぜか人気を集める、媚を売るブリっ子タイプは、欧米男性からは本命にはなれません。これは、同性の女性からは最も嫌われるタイプですから、日本女性にとっては胸がすく想いではないでしょうか?

「実際、私の夫も、“明子と結婚したいと申し出たのは、今まで出会った中でいちばん面白い女性だったから!”と言っていましたね(笑)」(ハートリー明子さん)

日本では、「結婚したいなら胃袋を掴め」なんて言いますが、欧米ではちょっと過激なくらいの「笑いのセンス」こそが素敵な男性を手に入れ、関係を長続きさせる秘訣だったんですね。


3.「シモネタ」で虜にさせる!?

軽くみられそうな「シモネタ」。ユーモアとして受け入れられるそうです。

軽くみられそうな「シモネタ」。ユーモアとして受け入れられるそうです。

しかし、その笑いのセンスも日本とはかなり異なる部分もあるようで……?

「シモネタは万国共通。欧米男性は、“そんな最高なユーモアが言えるなんてイカした女性だ!”  と思うようです。特に、英語が苦手な女性にとっては、笑いのセンスを見せるのに、シモネタはとても効果的だと思います」(ハートリー明子さん)

日本だと、飲み会などでシモネタを言う女性は、品がないと思われて本命になれなかったり、すぐにセックスできそう……と勘違いをさせて、軽く扱われるかも知れませんが、欧米ではまったく認識が違うのですね。

そう考えると、日本の女性お笑いタレントや女性芸人たちは、恋愛とは縁遠く、それをイジられる役割ですが、ちょっとセクシーに決めて欧米に出かければ、最高にモテる存在になるかも知れません!? 


運命の相手は世界のどこかにいる時代

欧米男性の意外な恋愛傾向を聞くことができました。

これだけグローバルな世の中になれば、今後、日本に住んでいても、突然、外国人との素敵な出会いを経験する可能性も高くなります。それこそ、もはや日本人にこだわる必要もなく、運命の相手はまさに世界のどこかにいる時代と言えそうです。

でも、いい出会いがあったとしても大事なポイントは、やはり彼に本気で惚れさせること、つまり、その関係を長続きさせることです。彼らからすれば、最初はカワイイな思っても、一緒にいてもつまらない女性であれば、すぐに飽きてしまいます。そうなれば、女性からすれば「遊ばれたも同然」になってしまいます。

言葉や文化の違いを言い訳にせず、明るく前向きな態度で世界に飛び出し、たった一人の素敵なダーリンとつながって欲しいと願うばかりです!


▼ガイドからのお知らせ
次回7月開催!「1年以内に幸せな結婚へ導くマリッジコーチングセミナー」
「恋するバンクーバー」など最新情報はオフィシャルブログにて。
バンクーバー発大人女子チャンネルはコチラから!

▼取材協力
Body Mind Organic 代表
ハートリー明子
新卒入社でIT企業の社長秘書になり、人材育成や研修担当を兼務。その後、念願の語学留学のため、カナダ・バンクーバーへ単身渡り、カナダ人男性と結婚。日本とカナダ両サイドの社会経験を生かし、グローバルに活躍したい女性、国際結婚に憧れのある女子達へ出会いの場を提供する活動にも 力をいれている。