【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました


世間一般のイメージでは、国際結婚のカップルはいつまでもラブラブで、年をとっても手をつないで歩き、倦怠期やマンネリ婚などという言葉とは無縁……と思っている方が多いかもしれませんね。

でも、実際はどうなのでしょう?
もしイメージ通りだとしたら、国際結婚では何が違う……?
日本人同士のカップルより、お互いの愛情表現が豊かなのでしょうか?

今回は2組のご夫婦にお話をうかがってみました。
お相手がアジア出身という組合せでは最も多い「中国人の奥様と日本人のご主人」というカップル、そして同じくお相手が欧米出身という中では最も多い「アメリカ人のご主人と日本人の奥様」というカップルです。

夫婦が歩調を合わせて子育て


子どもの将来やアイデンティティを考えることで、夫婦にはより深い絆が…
よく耳にする話は、子どもができると奥さんは“母親”だけになってしまい、子どもの前でお互いを「パパ」「ママ」と呼び合う頃になると、ますますその役割にハマっていってしまうというもの。

ちょうどそんな時期にいるのが、結婚9年目のK夫さんご夫妻。 中国人の奥様との間にもうすぐ5歳になるお子さんがいて、ただいま子育て真っ最中の30代のカップルです。ご自分たちが親になるときに、まず次のようなことを約束したそうです。

「子どもが生まれ、これから子育てというとき、2人で決めたことがあります。それは“夫婦が歩調を合わせる”ということ。片方の親が叱っている横で、もう片方の親が許したりすると、子どもは戸惑いますからね。

ただ、あまり追い詰めないようにしないといけないので、逃げ込める場所があるよう、1人はあえて少しだけ優しく接するようにしようと決めてあります。これって、国際結婚だからとかそういうことは関係なくて、親として国際標準的なんじゃないかと思います。妻も普通に受け入れてくれました」

子どものアイデンティティがいちばんの話題


お子さんが生まれてから、ご夫婦の間で何か変化はありましたか?

「結婚当初は、中国と日本の文化や生活習慣の違いなどに関する話題が多くありましたが、最近は子どものこと、教育のことに話題が移ってきました。特に“言語の教育をどうするのか?”という問題については、そろそろ5歳を迎えようという時期ですので、きちんと決めなければなりません」

たしかに、これは国際結婚カップルが最も考える問題ですよね。子どものアイデンティティをどうするか……。子供たちが自分の意志で選択できるのはまだ先ですから、親としてそれまでのことをまず考えておいてあげなければなりません。

「日本人として育てるか、中国人として育てるか、子どもにとっては人生に大きく関わる問題です。親としては責任重大です。こういうことに悩むこと自体が国際結婚の宿命かなと思ったりもします。日本人同士の結婚なら、選択肢は1つですからね。

今、日本で暮らすことを選択すると、子どもはこれから先15年くらいは日本にいることになる。2人だけの問題でなくなってきたこのような家族の問題については、本当によく話し合っています」


家族が増えたことで愛情の質が変化……