【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
出会いは駅のホーム。第一印象は「空気みたいな人」

大田区の閑静な住宅地にお住まいのC・Kさんとインド人のご主人が出会ったのは、今から19年前。保守的で男性とのおつきあい歴もなく、ピアノの先生という職業柄、知り合うチャンスが少なかったKさんのことをお姉さんが心配し、当時、東京大学大学院に留学中で、お姉さんの英語の先生をすることになったご主人を紹介したのがきっかけでした。

お姉さんについて行き、初めて彼に会ったのは品川駅のホーム。その時「空気みたいな人」と感じたそうです。空気みたいとは、違和感なくラクに一緒にいられる人だったという意味。でもまじめ過ぎて怖かった、とも……。彼は決めたことをきちんきちんとやっていくタイプで、純粋過ぎるほど誠実でまっすぐな人でした。そう、かつての日本には多かったけど、現在では珍しくなってしまったようなタイプだったのです。

この時、ご主人のほうはKさんのことを「すごく若い」と思っていたようです(実は同い年)。ロングヘアで清楚な印象のKさんを、彼は忘れがたく思っていたのでしょう。次の週に、彼から夕食のお誘いが……。お姉さんと3人で、とばかり思っていたKさん。行ってみたら彼しかいなかったので、ああそういうことだったのか、と察したそうです。

半年後、彼の誕生日にプレゼントをあげた頃から、本格的なおつきあいに発展しました。といっても、超まじめな彼は手も握りません。男性への免疫がなかったKさんが、まだ少しおびえているのも分かっていたようです。そういう優しさがある人なのですって。
一般にインドの男性はとても優しく、家族を大切にするそうです。のちに会った彼のお父さんも、すごーく優しい方だったとか。それに、彼は毎週欠かさずお母さんに手紙を書いていたというからスゴイですよね。

やがて、通学途中の彼から毎朝モーニング・コールがかかるようになりました。そして週末はデート。音楽会に行ったり、日本文化に関する展覧会などを見に行ったりして過ごしたそうです。

その頃を振り返って、Kさんはこうおっしゃいます。
「彼のおかげで、自分がすごく変わりました。保守的だった自分の自我がこわされた感じ。といっても、彼は何も言わない人なんですよ。ただ黙って態度でお手本を見せるだけ。そんな彼を尊敬していたので、私は素直に変わっていけたのだと思います」