感謝の気持ちは、自分が思っているより相手に伝わっていない

夫に愛される妻のひと工夫とは?

夫に愛される妻のひと工夫とは?

少し前になりますが、2011年に、ベターライフ&ワーク研究所が、「夫婦の間のねぎらい」に関する調査結果を発表しました。これは全国の20代から40代の既婚男女1200名に、パートナーへのねぎらいの方法や愛情表現の仕方などを訪ねたもの。

興味深かったのは、「夫に愛情を伝えたり、ねぎらったりしているか」という質問で、妻と夫の意識が大きく違っていた点です。妻の80.7%が、日頃から夫に対し愛情を伝えたり、「ねぎらったりしている」と回答しているのに対し、夫の54.5%が、今以上に、愛情やねぎらいの表現をして欲しいと考えていました。

つまり、妻が思っている以上に、夫へのねぎらいや感謝の気持ちは伝わっていないのです。このギャップが夫婦間に相手への不満を生む原因となっているのかもしれません。

それでは、だんな様にしっかり伝わるように、パートナーをねぎらい、いたわる気持ち、思いやりの気持ちを伝えるにはどうしたらいいのでしょうか? 夫婦仲良好の妻の皆さまに、実際に実行している夫癒しテクやねぎらい技などの感謝を伝える方法を伺ってみました。夫に愛される妻のちょっとした工夫を一緒に学んでみましょう。

夫に愛される妻の癒やしテク1:豊かな言葉がけ

夫に愛される妻は、ねぎらい、感謝の気持ちを言葉にして伝える

ねぎらい、感謝の気持ちを言葉にして伝えてみて

効果的な声掛けは、もっとも簡単にできる癒し技です。「愛してる」「好き」のような愛情表現よりもいたわり、ねぎらい、感謝の気持ちを伝える言葉が、だんな様を癒すには有効です。
  •  
  • 「いつもありがとう」
  • 「おつかれさま」
  • 「あなたのおかげだわ」
  • 「無理しないでね」
  •  
など、短い言葉でいいので、いろいろ使い分けができると効果的です。

口頭での声掛けだけでなく、目で見る文字の声掛けも効果があります、メールやチャットと言ったデジタルな手段だけでなく、お弁当に小さなメッセージのメモをしのばせるなど、あえてアナログな方法で小さなサプライズを演出してみるのもおすすめです。

夫に愛される妻の癒やしテク2:食事の際の「スペシャルサービス」

夫に愛される妻は、晩酌を、ときには高級感のあるものにしてみたりもする

晩酌を、ときには高級感のあるものにしてみるのもあり

その昔、昭和の初期、戦前ぐらいまでは父親は一家の長として家の中で特別扱いされていました。食事のときでも父親が箸をつけるまで、だれも食べ始めることはできなかったり、父親だけおかずが一品多い、などということも当たり前でした。

今でこそ家族のなかで父親だけを特別扱い、というのはあまり見かけません。だからこそあえて夫を特別扱いすることで、だんな様への愛情や感謝の気持ち明確に伝えることができます。

たとえば、お酒を飲まれるだんなさまなら、時には晩酌を発泡酒からプレミアムビールのような、ちょっと高級感のある商品に変えてみます。すると、それだけで「スペシャル感」「相手への感謝」が演出できます。

そのほかにはおつまみになるような小鉢のおかずをだんな様だけに一品追加することなども、インパクトのある方法です。甘党のだんな様なら、ちょっとしたミニケーキや和菓子など、食後のスイーツがあるのも喜ばれます。

また、これから暑くなる時期には、よく冷やしたミニタオルをお絞りとして食卓にセットしておくのもおすすめ。仕事から疲れて帰ってきただんな様への癒し効果は抜群、できる妻の気遣いにだんな様もきっと感激されるでしょう。