「セックス白書」で読み解く妻達の理想のセックス

以前「セックス負け国!世界最低SEX回数理由」という記事で、日本の夫婦の寝室問題を分析してみました。なぜセックスレスという言葉が国中で飛び交うのか?厚生労働省の調査でも「結婚している10代から40代の日本人男女の夫婦の約3割が、セックスレス傾向」と発表しています。

はたして、日本の妻達は、この憂うべき寝室問題をどう受け取っているのでしょうか。「夫に言えない妻の本音」を調べてみました。

070713
「彼には内緒 私たちのセックス白書」(小学館)」
私がごく最近行った調査は、20代以上の未婚既婚女性600人のセックスアンケートです。既婚女性の方がだんぜんセックスレスの割合は高いのですが、この現状を放置しておいてよいのでしょうか。

『彼には内緒 私たちのセックス白書』(小学館)にて、女性のセックス観をまとめてみました。


妻達は、日常、夫に様々なお願いをしています。
「あなた、ゴミ出してね」
「週末、車でスーパーに連れて行ってね」
「お小遣い少なくして、子どものお習いごとに回して」
「赤ワイン買って帰ってね」

様々なお願いごとが各家庭で飛び交っていますが、寝室で夫にお願いをする妻達はどれだけいるでしょうか。
070713
「ほんとはこうして欲しいのに」


「セックスに関しては恥ずかしくて話せません」
「一度、こうしたいと言ったらドンビキされた」
「オンナがエッチな事言うものじゃないと却下された」
「セックスは男性に主導権があるものです」 

など、リビングでの会話と寝室での会話は微妙に様子が違っています。

夫婦仲相談所では、寝室でのコミュニケーション不足からセックスレスに突入し、いつの間にか妻の方が「不安」を抱えるようになるという構図が見えてきています。600人調査ではフリー意見も書いてもらいました。

皆さん、大変詳しく「こうして欲しい」というお願いを書いてくれましたが、この妻の気持ちを少しでもだんな様に伝えることができれば、セックスレスの比率は減少してくると推測されます。

次のページでは、パートナーに求めるセックスについて、みなさんの意見を紹介します。