産後セックスの悩み:子供が一緒に寝ているのに、どうやってするの?

子供が一緒に寝ているのに、どうやってセックスする?

添い寝が産後セックスレスの原因?

日本のカップルの4割がセックスレスといわれる「セックスレス大国」ニッポン。特に夫婦間においては、子供ができたあとの数年間が、将来にわたってセックスし続ける夫婦になるか、セックスレス夫婦になるかの大きなターニングポイントになります。

産後の妻のホルモンバランスの変化、立ち合い出産による夫の性欲減退、夫婦が「男性・女性」ではなく「父親・母親」になってしまう意識の変化、子育ての疲労や多忙さ、子供ができたことによる生活リズムの変化など、夫婦の心と体の様々な要因が挙げられます。

しかし、そのほかにも注目すべき原因があります。それは欧米とは違う、日本独特の事情である「住宅環境」と「添い寝の習慣」です。

実際、「子供が一緒に寝てるのに、どうやってセックスをしたらいいの?」とお悩みのご夫婦も多いのではないでしょうか? そこで今回は、特にこの2つに絞って、子供のいる夫婦がセックスレスになる原因と対策を考えてみましょう。
 

子供と一緒に寝ていますか?

日本に子供と一緒に寝ている親が多いのは、「親子が別々で寝る十分なスペースがない」という住宅環境のせいかもしれません

日本に子供と一緒に寝ている親が多いのは、「親子が別々で寝る十分なスペースがない」という住宅環境のせいかもしれません

お子さんをお持ちの皆様、お子さんが何歳ぐらいまで添い寝をされていましたか? あるいは「添い寝」ではないけれど、「川の字」の形で、夫婦と子供がみんなで一緒に寝る就寝スタイルですか?

欧米では子供がかなり小さいうちから子供部屋に1人で寝かせ、夫婦は主寝室で寝る、というやり方が一般的です。一方、日本ではお子さんと母親、または両親が一緒に就寝することが多く見られます。

一緒に寝た方が、お子さんの情緒が安定する、何か変化があってもすぐに気付ける、などの声もありますが、実際のところは「親子が別々で寝る十分なスペースがないから」という住宅環境の理由が大きいのかもしれません。
 

子供との添い寝で犠牲になるのは「夫婦の夜の生活」

いつ子供が目覚めるかわからないという状況だと、セックスしたくてもできないという状況に……

いつ子供が目覚めるかわからないという状況だと、セックスしたくてもできないという状況に……

時折、「子供が寝ていても構わずやっちゃいます」という豪快な夫婦の例をうかがいますが、やはり、激しく動かないようにするとか、声を出さないようにするとか、それなりの制約が出てきます。

「いつ子供が目覚めるかわからない」というスリルが「刺激的で萌える」という男性もいるようですが、やはり「気になって、なかなかセックスに集中できない」という女性も少なくありません。そうなると、多くの夫婦が「せっかくやる気があってもセックスができない」という環境に陥りがちです。

ではこのような状況をどのように解決するのか? お子さんの成長段階や住まいの間取りによって、さまざまなな工夫が考えられますが、参考になりそうな先輩夫婦たちの声を集めてみました。
 

産後のセックスを楽しむ方法1
子供が寝たら別の部屋に移動する

子供が寝たあとの移動先として人気のお風呂場

子供が寝たあとの移動先として人気のお風呂場

子供がいてもセックスを楽しむ方法・1つ目は、「とにかく子供が寝たらどこか別の部屋に移動してする」方法です。新生児のころは、まとまって寝ない子もいますが、少し大きくなれば眠りも深くなり、まとまってきます。子供が寝付いたところで夫婦で別の部屋に移動。そこでセックスをしてまた元に戻って寝る。というパターンです。

移動先は住まいの間取りによってさまざま。「夫婦の部屋」「和室」などで、ソファーの上や予備の寝具を使って、あるいは畳のままで……という声が多かったです。また、台所やお風呂場などで、そのシチュエーションを生かして、新しい体位やプレイを試してみるというカップルもいました。

「声を出さないようにわざと口元を覆ってみる」「あえて、最低限しか服を脱がずにやってみる」など、制約を逆手にとって楽しむというセックスで盛り上がるようです。

特にお風呂場は「ある程度防音性がある」「水を使って楽しめる」「鍵がかかる」「万が一子供に気づかれても『パパとママで一緒にお風呂に入っていたのよ~♪』とごまかせる」などの理由で、「安心して楽しめる」という声が多く聞かれました。
 

産後のセックスを楽しむ方法2
子供がいない日中を狙う

子供も小学生になると、行動範囲が広がり、日中不在にすることも出てきます

子供も小学生になると、行動範囲が広がり、日中不在にすることも出てきます

子供がいてもセックスを楽しむ方法・2つ目は、「子供がいない日中を狙う」方法です。子供が少し大きくなって、友達や祖父母の家に遊びに行く、習い事をするなど、行動範囲が広がってきたときに、日中の子供の不在の時間を狙ってセックスを楽しむ例がみられました。

小学生になると土曜に学校があったり、サッカークラブに行く、など家を空ける時間ができますので、夫婦とも土曜休みであれば、ゆっくりセックスできます。夫婦だけなら、気兼ねなしに声を出しても大丈夫ですね。
 

産後のセックスを楽しむ方法3
ラブホテルを利用する

夫婦のセックスだって、2人が水入らずで楽しむ貴重な時間。引け目を感じる必要はありません

夫婦のセックスだって、2人が水入らずで楽しむ貴重な時間。引け目を感じる必要はありません

子供がいてもセックスを楽しむ方法・3つ目は、「ラブホテルを利用する」方法です。実家や友達でなくても、子供を時間単位で預かってくれる「一時預かり」の施設はたくさんあります。

あるいは自治体などで「ファミリーサポート」の制度があるところは、近所に住むベビーシッターさんを低料金で利用することができます。シッターさんの家に預けるか、自宅に来てもらうことも可能なので、その間に夫婦は、ラブホなどでしっかりセックスを楽しむという作戦です。

「夫婦のセックスのために子供を預ける、ということに抵抗を感じる」という声もありますが、欧米では夫婦水入らずで食事や観劇などに出かけるためにシッターを雇うのは当たり前。夫婦のセックスだって、2人が水入らずで楽しむ貴重な時間です。ぜひ、引け目を感じることなく、堂々と「2人で楽しむ時間」を作ることをおすすめします。

いろいろなアイデアを書きましたが、大事なことは、子供が生まれても夫婦のセックスを含めたコミュニケーションを大事にしようとする姿勢。また、「パパ・ママ」でなく「男女」でいようとする気持ちや努力です。

やがて子供が大きくなり、十分に夫婦の時間が取れるようになったときに、「すでにセックスレスカップルになっていた」のでは手遅れ。そうならないよう、ぜひ「逆境を利用して、制約をむしろ楽しむ」スタンスで、夫婦のセックスを大事にしてくださいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。