夫婦のセックスに卒業はあるのか?

160202

夫婦のセックスに「卒業」はあるの?

私の主宰する恋人・夫婦仲相談所には「みなさんは何歳まで夫婦でセックスしているのですか?」という質問を時々いただきます。

ヒトの体の機能のみに注目して「セックスができるかどうか」を考えた場合、個人の体力・気力などによりますので、なかなか単純には判断できません。

30代ですでにEDに悩む人もいらっしゃれば、70歳を過ぎても性欲が衰えない方もいらっしゃいます。「何歳まで」といった「区切り」を設けることは困難です。

ただし、単純な体の機能の話だけではなく、パートナーとのセックスの話になると、男女のヒトとしての生殖機能プラス、相手との関係性が重要になってきます。多くの夫婦のご様子を見ていると、夫婦のライフステージなどに会わせ、いくつかのターニングポイントがあると考えられます。

今回はこの夫婦のセックスの「卒業」について考えてみましょう。
 

「夫婦のセックス卒業」を迎える妻側の理由

夫婦のセックスのターニングポイントはふたつあると考えられます。

ひとつ目は妻が40代前後の、一般的に自然妊娠・分娩の限界であると考えられている「子づくり終了」にあたる時期。ふたつ目は、妻が「排卵の終了」である閉経を迎える50歳前後。

このような女性の生殖機能の節目に「セックスはもう卒業」と思う女性と、「これからまだまだ楽しもう」と思う女性とに、大きく二極化する傾向があると私は考えています。

そして男性に極端に性欲がない場合を除き、妻の態度がセックス肯定派、否定派のどちらに傾くかによって、夫婦のセックスが消えてしまうか否かに分かれる傾向が見られます。

では上記ふたつの時期で妻の態度が二極化してしまう理由は何か。さまざまな理由が考えられますが、一番大きな理由は実はごくシンプル。

「夫婦のセックスが妻にとって心地よい、楽しいと感じられるものであるか」

ではないでしょうか。

妻にとって夫婦の営みがポジティブなものであれば、子供を作るといった「理由」がなくなっても体を合わせたいと思いますし、子供が成長・自立するにつれて増えていく夫婦だけのベッドタイムを歓迎する方向に進みます。

たとえ閉経を迎えて「濡れにくくなる」などのマイナス要素が発生したとしても、さまざまな工夫でそれを乗り越え、さらにセックスをより深く楽しんでいる例もたくさんあります。

逆に夫婦の営みに対してネガティブな感情を持っているとしたら、子供を作るという「理由」がなくなれば、だんな様だけが気持ちよくなって終わりという「俺様セックス」につき合う必要もなくなります。

さらに更年期による体の変化を理由として堂々と「セックス卒業宣言」。ついでに夫婦別寝まで達成して、ベッドタイムを自分だけのリラックスタイムに変えて楽しんでいる事例も、いくつも見てきました。

「いつまで夫婦でセックスできるか」のひとつの答えは「どのくらい妻がセックスを楽しんできたか」によるといえるでしょう。

◆次ページでは「夫婦のセックス卒業」を迎える夫側の理由を探ります。