「旦那がEDかも?」その時あなたはどうする?

もしかして、旦那がED?

もしかして、旦那がED?


かつては中高年40代以上のものと思われていたED。最近では30代でもEDに悩む方が増えています。EDは女性が考える以上にデリケートな問題。

パートナーがEDかも、と思った時、あなたはどんな対応をしますか? やり方によっては、セックスレスになりかねないEDへの対応。

微妙な男性心理に配慮した対処法を考えてみましょう。
   

旦那にED疑惑をいだいたら

「夫がEDなのでは?」と妻が最初に疑問をいだくのは、セックス頻度の変化であることが多いです。「最近はさっぱり誘ってくれない」「こちらから誘っても必ず何かの理由をつけて断られる」「セックスの話題自体を避ける傾向にある」などの対応が見られたら、EDを疑うことができます。

あるいは、実際にベッドの中での現象(立たない、途中で萎える)に直面してED疑惑を抱く女性もいらっしゃるかもしれません。いずれにしても、すぐに「あなた、EDじゃないの?」と口頭で確認するのはNG。言葉やタイミングを選ぶ必要があることを知っておきましょう。
 

男性にとっては「息子」

男性にとって「ペニス」は、単なる体の一部をさす言葉ではありません。「息子」などという表現をする方もいらっしゃるように、男性にとって男性器はもう一人の自分。手足や胃腸など他の体の器官とは全く違う意味があるのです。

ですから、この機能が十分でなくなることは自分自身の存在が危うくなるのと同じことなのです。またペニスは男性にしかないもので、男性の男らしさ、力の象徴、女性に対する優位性のシンボルと考える人もいます。
 

「ED疑惑」の夫への適切な接し方は?

したがって、治療を勧める際もさまざまな配慮が必要です。理屈で考えれば、何か原因があるならば医師の診断を受け、薬を服用して治せばいいのですが、そのような割り切りが、男性自身ではなかなかできません

プライドがへし折れた悲しさ、恥ずかしさ、機能の衰えを認めたくない気持ち、一時的なものだと思い込みたい気持ち、男性として機能しないことへの無価値感などが邪魔をして、なかなか素直に医師の扉をたたくことができず、EDを克服できずにいるという例はありがちです。

「EDなんて大したことないわ。すぐに治るわよ」とばっさり切り捨てず、「EDなんて気にならないわ。あなたは私の尊敬する愛しい旦那様であることにかわりないもの」という点をしっかり伝え、まずは相手の沈んだ気持ちをやさしく受け止めてあげること。

そのうえで、パートナーが「治療しよう」という気になることをじっくり待ってあげる姿勢も大事です。
 

別な病名をアピールする方法も

またEDは高血圧などの病気が背後に潜んでいる可能性もあります。検査を進める際に、「EDかどうかを確かめてもらいましょう」、というより、背後にある「生活習慣病の危険を確認するために」、という大義名分があったほうが男性のプライドを損なわない場合もあります。パートナーの性格に合わせて、柔軟な対応ができるとスムーズですね。
 

夫婦の性生活をさらに豊かにすることが大切

一方、ED疑惑を抱いている男性がセックスを負担に思わないようになるかどうかは、夫婦の性生活のあり方にもかかっています。つねに男性主導で、「ちょっと胸をさわって、挿入して終わり」のような“貧しいセックス”しかしていないと、EDになったとたんに、どのように妻を抱けばいいのか途方に暮れてしまうことになります。

挿入だけにこだわらず、夫婦が互いに相手の体を感じ、時間を掛けてお互いを高めあい、ゆったりと楽しめるような“豊かなセックス”を心がけていれば、たとえEDの症状が見られても、夫婦の性生活を上手に存続することができます。

ED疑惑を機会に、夫婦の性生活を見直してみるのもいいかもしれません。それが夫婦仲を一層高めることになれば、まさに「災い転じて福となす」となることでしょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。