ニッポンの40代夫婦は半数以上がセックスレス!?

夫が飽きないセックスができる妻はどんな工夫をしているの?

夫が飽きないセックスができる妻はどんな工夫をしているの?

今やニッポンの夫婦の4割がセックスレスだといわれる時代ですが、一口に「夫婦」といっても30代と40代ではセックスレスの割合がずいぶん違うのをご存知ですか?

一般社団法人「日本家族計画協会」が16~49歳の男女を対象に調査(記事執筆時点のデータ)を行った結果によると、セックスレス夫婦の割合は
------------------
25~29歳夫婦が39.3%、
30~34歳夫婦が32.0%
35~39歳夫婦が39.3%
40~44歳夫婦が54.9%
45~49歳夫婦が49.4%
------------------
となっており、40代に限って言えば半分以上がセックスレスという結果がでています。

セックスレスの理由については「仕事が忙しくて時間がない」「疲れている」「夫婦の寝室がない」「EDである」「もともと性欲がない」など、様々ですし、一概に妻の努力で、改善することができないものもあるでしょう。

しかし、もしセックスレスの理由が「妻だけED」だったら、妻によって改善し、レスを解消できる要素が大いにあります。

そこで今回は、いつまでも、夫が飽きないセックスをする妻がやっていること、心がけていることをご紹介してみましょう。


「妻だけED」の原因は?

妻にだけ性欲を感じないという現象が起きるには様々な理由が考えられます。

一つは妻と夫の関係性の変化。男と女から夫と妻、父と母になってしまって、「妻を子供の母としか見られない」、あるいは「同志や仲間のような関係になっている」という場合、男性のほうに妻への性欲は湧きにくくなります。

あるいはもっとひどいパターンだと「父と母」を超えて「息子と母」になっている場合もあります。妻が夫の世話を焼きすぎたり、口うるさく指導するなど「夫の母親化」してしまっている場合、これまた旦那様に「妻を抱く気がおこらない」原因になります。

そのほかにありがちな「妻だけED」の理由は「出産で15キロ太って、まるで別人」「子供を怒鳴りつける様子が怖い」「夫婦のセックスがマンネリで飽きた」などがあります。これらもまた、妻の工夫で改善できる余地がありそうです。

◆次ページからは夫が飽きないセックスができる妻が心がけていることをご紹介!