フランス人も年末年始に一気に太る

イメージ

フランスではクリスマスと大晦日にご馳走を食べます。

フランスではクリスマスからお正月にかけてが一番太る時期だと言われています。クリスマスは家族と、大晦日は友人同士と過ごすのがフランス人の習慣ですが、年末は毎日のようにパーティーが開かれ、シャンパンやワインを飲みご馳走を食べます。年末の食事でフランス人がほぼ必ず食べる物といえば、フォアグラ、サーモン、ローストチキン、チョコレート、バタークリームたっぷりのクリスマスケーキなど、高カロリーのものばかり。

image

ガレット・デ・ロワ

年が明けてホッとしたのもつかの間、折りパイにアーモンドクリームが入ったガレット・デ・ロワと呼ばれるパイ菓子を食べる1月6日の公現祭の日を迎えます。

ガレット・デ・ロワを好きな人は多く、フランス人は1月中はあちこちのお菓子屋さんを食べ比べするのを楽しみにしています。一方、バターたっぷりで超高カロリー(100g=約350カロリー)のガレット・デ・ロワを食べ続けて太ってしまったという人も多く、何個食べたかという会話で盛り上がります。


パリジェンヌのダイエットは2月からスタート!

イメージ

パリのメトロのホームのダイエットフードの広告

最後のガレット・デ・ロワの一切れを食べ終わり2月に入ると、パリジェンヌはようやくダイエットへの重い腰をあげます。その頃になると、フランス人の気持ちをくすぐるかのようにパリのメトロで見かけるようになるのが、ダイエット食品やサプリメントの広告です。日本ではダイエットに関する広告は夏前が多いですが、面白いことにフランスでは春前が多くなります。


パリジェンヌの理想体型はやや重め

image

フランスの美容体重は?!

フランス女性の身長と体重の平均値は、身長165cm 体重63 Kg。フランス人は一般的にスレンダーな体型=貧弱、メリハリのある体型=セクシーと感じ、凹凸のある女性らしい体型を理想とします。

女性が理想とする健康的でスリムに見える体重のことを「美容体重」と呼び、日本ではIMC(BMI)指数19.5~20.5で算出します。
美容体重(日本)=身長(m)×身長(m)×20

一方、フランスの美容体重は、IMC(BMI)指数は使わずに算出されます。
美容体重(フランス)=身長(cm)-100-(身長(cm)-150)÷2

日本とフランスでの身長165cmの女性の美容体重を計算してみると、
美容体重(日本)
1.65×1.65×20=54.5Kg

美容体重(フランス)
165-100-(165-150)÷2=57,5Kg

となり、フランス人の美容体重は日本人より3Kgも重いことがわかります。

次のページでは、パリジェヌが実践しているダイエットをご紹介します!