フランスで人気の「水クレンジング」とは?

image

水クレンジングの正体とは?人気の秘密は?

ローションタイプのクレンジングをコットンにたっぷりしみこませて、メイクを拭き取って落とすタイプのクレンジングのことを、「水クレンジング」または「ウォータークレンジング」と言います。水クレンジングでメイクを落とした後に、水で洗い流す必要がない商品が多く、その点はフランスも日本も同様です。

成分に水分が多く配合されているので水クレンジングと言われることが多いですが、実際は「リキッドタイプ」のクレンジング剤に当たります。

クレンジングには様々なタイプがあり「オイルタイプ」は油分が最も多く、「クリームタイプ」は油分が水分より多く、「ミルクタイプ」はクリームタイプより油分が少なく水分が多くなり、白く濁った「乳化ジェルタイプ」は油分が多く、「透明ジェルタイプ」は油分が少なくなります。

 

水クレンジングの仕組みとは?

水クレンジングの主成分は?

水クレンジングの主成分は?

水クレンジングの基本成分は「水+界面活性剤」です。「水」でメイクを落とすのではなく「界面活性剤」の働きによりメイクの油汚れを落とすことができるのです。

界面活性剤というと肌に悪いというイメージを抱いている人もいますが、水クレンジングに配合されているのは主に「非イオン界面活性剤」というもので、皮膚への刺激が低く、肌へ悪影響を与えるものではありません。

リキッドクレンジング以外のオイルタイプやクリーム及びミルクタイプなどのクレンジング剤は「油分」と「界面活性剤」の二つが配合されているのに比べて、リキッドクレンジングはオイルフリーなど「油分」が少ないものが多く、主に「界面活性剤」の力によりメイクを落とします。


フランス人が水クレンジングを選らぶ4つの魅力

時短にもまつ毛エクステにも便利な水クレンジング

時短にもまつ毛エクステにも便利な水クレンジング

1. 時短

フランスの水道水は硬水でカルキが多く含まれています。そのためフランスでは水道水で肌を洗う習慣がなく、拭き取りクレンジングが主流です。

拭き取りクレンジング剤として、フランスで主流なのがミルクタイプとリキッドタイプ。両タイプともコットンで拭き取りますが、ミルクタイプは拭き取った後さらに化粧水での拭き取りが必要なのに比べて、リキッドタイプは拭き取った後に化粧水をつける必要がないと謳われている商品が多く、忙しいフランス女性にはリキッドタイプが人気です。


2. まつ毛エクステを付けている人に向いている

もともとまつ毛の長いフランス人ですが、最近はフランスでも「まつ毛エクステンション」が流行っています。まつ毛エクステンションに使用する接着剤は油分に弱く、オイルクレンジングではまつ毛が取れやすくなってしまうことがあります。

水クレンジングは主成分が油分ではなく水であることから、まつ毛エクステをしている人に向いています。また、泡立てた泡でゴシゴシと擦って洗顔すると、まつ毛が取れたりヨレたりしやすくなるので、そっと汚れを拭き取れる水クレンジングは、まつ毛に触れずにクレンジングできる利点もあります。


3. W洗顔が不要
オイルやクリーム及びミルクタイプのクレンジングには油分が含まれているため、肌に残った油分や落としきれなかった皮脂の汚れは、クレンジングの後にもう一度洗顔をして落とす必要があります。

水クレンジングには、油分が含まれていないため、クレンジングの後の肌はさっぱりとしていて、そのまま次のスキンケアステップへ移ることができます。

4. どこでも、いつでもクレンジングができる
フランスで売られている水クレンジングは基本的に洗い流す必要がないと記されています。コットンに染み込ませて拭き取るだけと使いかたがとてもシンプルです。疲れていてW洗顔が面倒なとき、フライトや旅行中など水を使わずに簡単にクレンジングしたいとき、洗面所に行かずにさっと素早くクレンジングできます。

フランスで人気の水クレンジング

フランスの薬局やスーパーで手軽に手に入る、フランス人女性に人気の水クレンジング剤をご紹介します。コットンに染み込ませて、優しく滑らせるだけで簡単にメイクオフできます。
image

敏感肌のデリケートさをいたわりながら、メイクを落とすクレンジングウォーター

BIODERMA (ビオデルマ) サンシビオ(クリアリン) H2O D 敏感肌用 500ml

image

皮膚科医が採用する敏感肌のためのスキンケアブランド「ラ ロッシュ ポゼ」

ラロッシュポゼ ミセラークレンジング  200mL
すべての肌タイプ(乾燥肌~普通肌~オイリー肌)に使えるクレンジングウォーター。


在仏者も必見!フランス人医師が勧める水クレンジングの方法

・洗い流すワンステップを加える
パリ在住のフランス人美容専門医ベルトラン・ムーレ氏は、水クレンジングの基本成分となる界面活性剤が肌に負担がかかるのではと心配だという人や、敏感肌の人は、水クレンジングの後に洗い流すことを推奨しています。特に、水道水の硬度が気になるフランスの場合は、硬度の低いミネラルウオーターの使用がオススメとのこと。

・硬度が低いミネラルウォーターが洗顔に向いている理由
日本の水道水の硬度50~60に比べて、フランスの水道水の硬度は280と非常に高いことが知られています。つまりフランスの水道水は硬水で、カルシウムイオンやマグネシウンイオンが多く含まれており、また肌の乾燥の原因となる可能性のあるカルキが多く含まれています。

フランスで販売されているミネラルウオーターのほとんどが硬水ですが、ヴォルヴィックはその中でも珍しく硬度60で、日本の水道水に非常に近く洗顔に向いています。無濾過で一切の殺菌・除菌処理をせず、水源地でボルトリングしているため、ベルトラン・ムーレ氏は洗顔に安心して使えると語っています。洗い流した後に、化粧水、保湿などのスキンケアを行うといいでしょう。
image

フランスの医師が洗顔に勧めるナチュラルミネラルウォーター

キリンビバレッジ Volvoc(ボルヴィック)500ml


いかがでしたか?クレンジングを素早く済ませたい方や敏感肌の方は是非参考にして、フランス式の水クレンジングを試してくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。