ラベンダーの交雑種 ラバンジン(ラバンディン)

ラバンジンは真正(トゥルー)ラベンダーよりお花の色が薄い。

ラバンジンは真正(トゥルー)ラベンダーよりお花の色が薄い。

ラバンジン
学名 Lavandula hybrid
科名 シソ科
花と葉から水蒸気蒸留で採油する


地中海地方原産の低木のラバンジンは、いわゆるもっともメジャーなラベンダー(真正ラベンダー Lavandula angustifolia/L.officinalis/L.vera)と、スパイクラベンダー(フレンチラベンダー Lavandula latifolia)の交雑(交配)種です。

交雑種とは、品種改良のため、異なる種の植物を受粉させたもの。ラバンジンはもともとは自然交雑で生まれたもののようですね。外観はラベンダーと似ていますが、花色が少し落ち着いています。学名の後半にあるhybridaは、「雑種」という意味をもちます。
※ラベンダー(真正ラベンダー)についてはこちらの過去記事を参照してください。

ラバンジンのエッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)にはいくつか種類がありますが、グロッソ、スーパー、アブリアリスと書かれたタイプがよく見かけられます。10mlで1500円から2500円ぐらいが相場で、それぞれ香りが微妙に違います。できればサンプルを試して、好みのものを入手するといいでしょう。


比較!ラベンダーとラバンジン

こちら真正ラベンダー

こちら真正ラベンダー

ラバンジンオイルとラベンダーオイルとを比較して、もっとも際立つ違いは、含まれる成分「カンファー」です。真正ラベンダーにはカンファーはほとんど含まれませんが、ラバンジンにはカンファーが数~15%ほど含まれています。

カンファーはケトン類の1つ。有名なエッセンシャルオイルではローズマリーに含まれている成分です。カンファーの含有量はラバンジンの種類により若干、異なります。カンファーはスパイクラベンダーからの影響です。

で、その香りは?次のページへ。