フレンチラベンダー

フレンチ・ラベンダーにもいろんな栽培種があるようですが、花を見ればイングリッシュ系とは明らかに違う外観をしています

フレンチ・ラベンダーにもいろんな栽培種があるようですが、花を見ればイングリッシュ系とは明らかに違う外観をしています

Lavandula stoechas
  • 科名 シソ科
  • 花と葉(または花だけ)を水蒸気蒸留して採油
  • 別名 ストエカスラベンダー、スパニッシュラベンダー



フレンチラベンダーのエッセンシャルオイルは学名からストエカスラベンダーと呼ばれたり、スパニッシュラベンダーの別名もあります。地中海沿岸が原産地の低木で、いわゆるもっとも有名なイングリッシュラベンダー(別名:真正ラベンダーとかトゥルーラベンダー/学名:Lavandula angustifoliaまたはL.officinalis)とは属(つまりLavandula属)は同じですが、種が違います。

外観も違っていて、特に特徴的なのが花の形。うさぎの耳みたいなのが花の頂部に伸びています(苞といいます)。 フレンチラベンダーはイングリッシュラベンダーより暑さに強く、日本でも育てやすいといいます。ハーブ園に行くと、フレンチラベンダーに出会うことが多いですよ!


フレンチラベンダーオイルの香り

こちらイングリッシュラベンダー

こちらイングリッシュラベンダー

メジャーなイングリッシュラベンダーと比較して、フレンチラベンダーオイルの香りは薬草っぽいニュアンスが強くフローラルな感じに欠けます。樟脳、ローズマリーのようなすっきりとしたグリーン調の強い香りです。