ヒノキ

ひのきは日本の風景そのものですね

ヒノキは日本の風景そのものですね

学名 Chamaecyparis obtusa
ヒノキ科
多くは木部(枝葉も使うことがある)
蒸留して採油

ヒノキ(檜、桧)は日本と台湾にのみ分布する針葉樹です。吉野、飛騨など各地に名産地があります。

漢字で「檜」とか「桧」と書かれますが、前者(檜)は旧字、後者(桧)は新字です。ヒノキは樹木の中でもっとも、親近感、好印象、高級感などを持っている方も少なくないはず。

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)は可燃性ですが、ヒノキは精油成分を含むため火がつきやすいことから古代に火おこしに使われたとわれ「火の木」となったといわれます。また「日の木」の説もあります。


強度、耐朽性に優れ、建築材として何百年から何千年と使うこともできるといわれ、耐久性、保存性に優れる木材として日本では大変珍重されれています。有名な神社仏閣、仏像などもヒノキを原料とし、今に伝えられています。

またその木部が持つ天然の香りは、ヒノキ風呂をはじめ、ヒノキの木材は酒器、まな板、装飾品など日常品においても珍重されています。


ヒノキオイルの香り

世界でも有数の古い建築物として知られる法隆寺はヒノキ材とのこと

世界でも有数の古い建築物として知られる法隆寺はヒノキ材とのこと

その香りは甘いような、フレッシュなような、渋いような…複雑でいて、あ!ヒノキだ!とわかるシンプルさも持ち合わせています。

日本人はヒノキの香りに慣れ親しんでいるので、あまり解説は不要でしょうが、温かく、深みのある樹木のアロマはただすっきりとしたウッディ系アロマではなく、とろりとしたまろやかさも魅力の1つかと思います。