オリーブオイルの原料植物について

オリーブの木

オリーブの木

オリーブ学名 Olea europaea
科名 モクセイ科
オイルが採れる部分 果実(果肉)


アロマテラピーでもオリーブオイルを使うんですか?と言われることがありますが、スキンケア基材としてよく活用されている植物油です。今や、日本の食卓でも一般的になったオリーブオイルですが古代エジプト、古代ローマといった古くから、食用や宗教儀式、医療などいろいろなシーンで活用されていたようです。聖書にはエッセンシャルオイル(アロマオイル)の原料と共にオリーブオイルが香油を作る材料として登場しています。

ご存知のとおりオリーブは平和の象徴。オリーブの葉で作った冠の写真やイラストは一度はご覧になったことあると思います。国連の旗のシンボルもオリーブです。


オリーブオイルの特徴

オリーブオイルは原料の品種によっても色に違いが出ます

オリーブオイルは原料の品種によっても色に違いが出ます

オリーブは地中海地方原産の常緑樹。果実は熟すと緑から黒へと次第に色が変わります。その果肉からオイルが搾られます。

オイルは、わずかに緑がかった黄色から比較的、濃い緑色のものまであります。品種(栽培種)が多く、香りや色も微妙に違いがあります。
また食用と化粧品グレードの違いもあり、いろいろな種類のオイルが存在します。

低温では固まるので冷蔵庫に入れると固まります。

オレイン酸が多いため酸化しにくいオイルといえます。使いやすく、入手もしやすいためビギナーにもおすすめ!

次のページへ>>