ネロリ

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/1/4/0710a.jpg
「結婚・純潔」の象徴、オレンジの花(ネロリ)。

(Citrus aurantium)
ミカン科の木本
花を蒸留して採油

オレンジの中でも「ビター」という種類の花から採れる精油。なので、植物名はビターオレンジということになります。なのにアロマテラピーでは「ネロリ」と呼ばれます。これはイタリアのネロラ公国から由来したとか。オレンジの花は長い間、”純潔”を象徴してきました。果皮を搾って採るオレンジ精油とは違い、やや濃厚な花の香りはアロマテラピーを少しでもかじった人なら特別な思いを持つこと、間違いなしの香り。高価な精油は高級ブランドの香水には欠かせません。



ネロリのアロマ効果

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/1/4/neroli.jpg
数ミリで1万円の高級精油!でも絶対、欲しい!のがネロリ。画像はオレンジフラワーウォーター。
ネロリの香りは、慢性的な「不安」に良いといわれます。ネロリはイタリアで古くから使われており、研究者達が抑うつを感じる人に対して使用しています。さらに、緊張を和らげ、催眠効果をもたらすともいわれます。不眠気味の人にオススメです。

ネロリはこのようにメンタルな部分のサポートに使うことが多いのですが、アロマテラピーではそのほか、スキンケアの材料としても活用されます。ネロリは皮膚の細胞を活性化し肌の弾力性を改善する効果が望めます。つまり、しわ、シミの予防、改善にぴったりというわけ。ネロリ精油と同時に採れるオレンジフラワーウォーターは化粧水やほのかな香りのボディコロンとしてオススメ!高級なネロリオイルの約1/4のプライス。


◆ガイドからひとこと提案
ほかのエッセンシャルオイルを混ぜなくても1本でかなり完成された香り。是非、芳香を楽しんで。ハンカチに1滴落として外出すれば手軽な香水になります!



※参考文献/『アロマテラピーのための84の精油』ワンダー・セラー著 高山林太郎訳(フレグランスジャーナル社)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。