アロマ・ボディスプレーでデオドラント!

アロマ・ボディスプレーの作り方!デオドラント効果期待のスプレー

アロマ・ボディスプレーの作り方!デオドラント効果期待のスプレー

今回は汗のにおいを消すアロマオイルを使った「ボディスプレー」をご紹介します。プラスアルファの効果もあるので、是非試してみてください!
 
 

なぜアロマがデオドラントにいいのか?

いつでもどこでもシャワーは浴びれない…そんなときこそアロマの出番です

いつでもどこでもシャワーは浴びれない…そんなときこそアロマの出番です

アロマテラピーで使う精油は天然100%。いろいろな種類がありますが、ナチュラルな香りなので、他の匂いと混ざってもあまり違和感がありません。また精油に含まれる成分が、殺菌や消毒効果も併せ持つため、嫌な匂いの原因をシャットアウトしてくれます。

例えば脇の汗などはそのまま放っておくと細菌が繁殖して強いにおいを発する原因にもなります。過剰に神経質になることはありませんが、自分自身が快適に過ごすために、ボディスプレーを活用するといいと思います。

そして忘れてはならないのが、精油の香り効果。つまり香りを嗅ぐことによるリラックスや気分転換の作用です。汗をかく季節は暑さによるストレスも多いもの。不快感があるとイライラの原因にもなりかねません。精油の良い香りを嗅ぐことでホッとリラックスできるのです。寝苦しい夜には安眠効果も期待できますよ。

では具体的にどのようなアロマがあるかチェックていきしましょう。

 

デオドラント効果のあるアロマ

お肌が清潔になるだけでなく、思わず深呼吸したくなる良い香りです!

お肌が清潔になるだけでなく、思わず深呼吸したくなる良い香りです!

ラベンダーはお花の香り。清潔感がある印象で、ほのかに香らせると対人的にも好印象。デオドラント効果とともに、抗菌、消毒効果もあります。ラベンダーは安眠効果のある香りなので、寝苦しい夜にもオススメ。
  樹木から採れる精油ですが香りはフローラル系。さわやかで残り過ぎないため心地よく使えます。
  特にデオドラント効果に優れるというわけではありませんが、その爽やかな香りはとても気持ちがいいもの! (デオドラント効果のあるアロマオイル集はこちら
 

アロマ・ボディスプレーの作り方と材料

■材料
  • 無水エタノールまたは90度以上のウォッカ 5ml
  • ミネラルウォーター(軟水)100ml
  • 精油 合計で10滴まで

■作り方
  1. 無水エタノールに精油を入れてよくかき混ぜます。 精油の分量はお好みで。
  2. ミネラルウォーターを入れてよくかき混ぜます。
  3. スプレー容器に入れれば完成です。

■使い方
気になる脇、足、首、うなじなどにシュッとスプレーするだけ。水っぽさが少し残ると思うので、化粧水の要領でパッティングすればOK。水が乾くとお肌がさらさらになりますよ!

顔にスプレーしても問題ありませんが、目の中に入らないようにしましょう。また敏感肌タイプの人は、顔への使用は控えてください。

■保存や使用期限
特に暑い季節は水が腐ったり、精油の香りも変質しやすいため、1~2週間を目安に早めに使いきりましょう。直射日光が当たる場所など気温が極端に上がるところでは保存しないように注意。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。