ローズマリーカンファーとは? 香りや効能

ローズマリーとローズマリーカンファーは似て非なるもの

アロマオイル「ローズマリーカンファー」の効能

学名 Rosmarinus officinalis ct.Camphora
シソ科
葉を水蒸気蒸留して採油する

ローズマリーというハーブは大変メジャーになりましたね!そしてローズマリーのエッセンシャルオイル(精油)もずいぶんと知られてきています。
ですが実はアロマテラピーで使うローズマリーオイルには種類があるのはご存じですか。その1つ、ローズマリーカンファーをご紹介します。
   

何が違う?

通常、一般的なローズマリーのエッセンシャルオイルには、おおよそ次のような成分が入っています。

1,8-シネオール、カンファー、ボルネオール、酢酸ボルニル、β-カリオフィレンなど

カンファーという成分が入っていますが、ローズマリーカンファーのエッセンシャルオイルは、通常のローズマリーと比べてカンファーが多く含まれているアロマということです。こういうエッセンシャルオイルを「ケモタイプ」といいます。
 

ケモタイプとは

天然の化学成分に違いがあります

天然の化学成分に違いがあります

エッセンシャルオイルの名前のうしろに「ct」と書かれたオイル。これはケモ(c)タイプ(t)の省略です。化学種と訳されますが、普通(標準)のエッセンシャルオイルと比較して、ある成分がより多く含まれているオイルのこと。ctの後ろに書いてある文字が、多く含まれている成分名です。
たとえば今回のローズマリーカンファーの場合はRosmarinus officinalis ct.Camphoraと表記され、Camphoraこれが「カンファー」です。
 

香りも違います

ある成分が多いということになれば、香りも影響を受けます。ローズマリーカンファーは通常のローズマリーと比較して、よりシャープで、すっきりとした香りがします。ツンと感じる人もいるかもしれないし、薬草っぽい印象を持つ人もいるでしょう。
 

どんなときにローズマリーカンファーを選ぶか

少し上級者向けといえるローズマリーカンファー

少し上級者向けといえるローズマリーカンファー

カンファーはケトン類という有機化合物のグループに分類される成分の1つ。別名をボルネオンといいます。

アロマテラピー界ではケトン類というとやや懸念される成分です。神経、皮膚に対して望ましくない作用や反応をもたらすといわれます。アロマテラピーは医療ではないので、医療的なデータはあまり一般的には情報はありませんが、神経毒、皮膚刺激に注意が必要とされています。

本やネットの情報だけをうのみにするのはあまり利口な方法ではないかもしれませんが、カンファーという成分自体はいずれにしても注意が必要な成分のようです。

特に神経に作用するとされるため高血圧の人、子ども、妊婦などは使用を控えるか医療者にご相談下さい。

まとめ
  • ローズマリーカンファーは高血圧の人、子ども、妊婦は使用しない。または医療者に相談して使うこと。
  • 嗅覚からの方法(香りを嗅ぐ方法)以外では積極的には使わない。またはまったく使用しない(皮膚が弱い人や健康が損なわれている人)
 

ローズマリーカンファーに期待できる効果・効能

肌に塗るより香りを楽しみましょう

肌に塗るより香りを楽しみましょう

ということでカンファーの効果を期待して手にとることが多いローズマリーカンファー。カンファーは特に神経と筋肉へ働きかけるといわれます。そのため筋肉痛や神経痛などにいいとされます。またその香りは交感神経を刺激するともいわれるため、気持ちをあげたいときや、やる気を起こしたいときのサポートにいいでしょう。

ディフューザーやコットンに1滴落として、部屋に香りを広げて使いましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。