ローズマリーカンファー

ローズマリーとローズマリーカンファーは似て非なるもの

ローズマリーとローズマリーカンファーは似て非なるもの

学名 Rosmarinus officinalis ct.Camphora
シソ科
葉を水蒸気蒸留して採油する

ローズマリーというハーブは大変メジャーになりましたね!そしてローズマリーのエッセンシャルオイル(精油)もずいぶんと知られてきています。
ですが実はアロマテラピーで使うローズマリーオイルには種類があるのはご存じですか。その1つ、ローズマリーカンファーをご紹介します。


何が違う?


通常、一般的なローズマリーのエッセンシャルオイルには、おおよそ次のような成分が入っています。

1,8-シネオール、カンファー、ボルネオール、酢酸ボルニル、β-カリオフィレンなど

カンファーという成分が入っていますが、ローズマリーカンファーのエッセンシャルオイルは、通常のローズマリーと比べてカンファーが多く含まれているアロマということです。こういうエッセンシャルオイルを「ケモタイプ」といいます。



ケモタイプとは

天然の化学成分に違いがあります

天然の化学成分に違いがあります


エッセンシャルオイルの名前のうしろに「ct」と書かれたオイル。これはケモ(c)タイプ(t)の省略です。化学種と訳されますが、普通(標準)のエッセンシャルオイルと比較して、ある成分がより多く含まれているオイルのこと。ctの後ろに書いてある文字が、多く含まれている成分名です。
たとえば今回のローズマリーカンファーの場合はRosmarinus officinalis ct.Camphoraと表記され、Camphoraこれが「カンファー」です。


香りも違います

ある成分が多いということになれば、香りも影響を受けます。ローズマリーカンファーは通常のローズマリーと比較して、よりシャープで、すっきりとした香りがします。ツンと感じる人もいるかもしれないし、薬草っぽい印象を持つ人もいるでしょう。