ココナッツオイルの原料植物について

南国の象徴ヤシの木

南国の象徴ヤシの木

ココナッツ学名 Cocos nucifera
科名 ヤシ科
ココヤシの実の内側にある果肉を圧搾して採油

和名はココヤシ。南国のイメージそのものの、背の高いヤシの木はフィリピンなどが原産地として知られています。外殻は炭を作るのに燃やされ、外側の繊維はロープやマットレスに、そして実はミルク、ココナッツウォーターに、と利用効率の高い植物です。

オイルは実の中のいわゆる「胚乳」と呼ばれる部分から採られます。 パーム油と呼ばれるのは和名アブラヤシの果肉から採ったもので、ココヤシとは別物です。油をとったあとの油かすは家畜の飼料になります。



抜群に酸化しにくいココナッツオイル

他のキャリアオイルと比べて少し異質なタイプ

他のキャリアオイルと比べて少し異質なタイプ


ココナッツオイルに含まれる成分の85~90%が飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は成分として含まれる炭素の部分に二重結合をもたないタイプ。そのため酸化しにくいという性質があります。

含まれる脂肪酸のほとんどが飽和脂肪酸であるココナッツオイルは、キャリアオイルのなかで群を抜いて酸化しにくいという特徴があります。




ココナッツオイルの色、におい

溶けてるときの色はほぼ無色からわずかに白濁しているものもあります

溶けてるときの色はほぼ無色からわずかに白濁しているものもあります

飽和脂肪酸が多いということは、融点も比較的高くなります。ココナッツオイルの融点は24~27℃。日本の夏は水のようにさらさらとしていますが、気温が低い秋頃から次第に白っぽいラードのような形状になり、冬には白いほぼ固形となります。

香りはわずかですが、ほんのりと甘い香りがします。