ココナッツオイルの栄養価

ココナッツオイル1

いろいろなメーカーからココナッツオイルが販売されています!

ココナッツオイルはその名の通り、ココナツから摂った油です。日本国内のスーパーなどで販売されている液状の食用油脂は、胡麻やオリーブ・大豆やコーンなど様々な植物からできていますし、またバターやラードなど動物性素材から作るものや、マーガリンなどの加工してできる油脂もあったりと、原料も製造方法も様々です。

 
ココナッツオイルは油なので、100gあたり921kcalというエネルギーがあります。大さじ1杯が12gで110kcal、小さじ1杯が4gで37kcalです。カロリー(エネルギー)という視点で見ると、オリーブオイルも、ごま油も、コーン油も、液状のもの同士を比較すると、どれもほとんど同じです。

でも、同じ油脂でも成分はそれぞれに違いと特徴があります。ココナッツオイルは見た目にも白く粒状の固形(夏期以外)であることだけでなく、複数の特徴的な性質を持っていることが注目されています!

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は体脂肪にならない!

カロリーは同じなのに何がスゴいのか、それはココナッツオイルの成分です。ココナッツオイルは「中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)」という天然成分を多く含んでいます。この中鎖脂肪酸は食べた後にも脂肪組織にならずに、肝臓で効率よく分解されてエネルギーになる性質を持っています。吸収力は普通の油の約4倍、代謝速度は約10倍とも言われ、理屈的には体脂肪として貯まらない油だということになります。

一方で、一般的な植物性油脂である大豆油やなたね油は、長鎖脂肪酸で成り立っています。食べた後にエネルギーとして使わなかった分は体脂肪として貯蔵され、必要な時にエネルギーとして使われる仕組みです。なので食べ過ぎると太ってしまいます。

中鎖脂肪酸はココナッツの他にも、パームフルーツ(パーム核オイル)に多く含まれ、母乳や牛乳にも少量含まれています。

次のページでは、ココナッツオイルのさらなる健康効果についてご紹介します!